モルトベーネ B:OCE シャンプーMC (くせ毛用) の解析結果

総合順位

1436

総合得点 5点満点

1.69
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
204010
  • モルトベーネ B:OCE シャンプーMC (くせ毛用) の詳細情報
  • モルトベーネの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1985
  • [容量] 240ml
  • [参考価格] 1296円
  • [1mlあたり] 約 5.4円

モルトベーネ B:OCE シャンプーMC (くせ毛用) 解析チャート

モルトベーネ B:OCE シャンプーMC (くせ毛用) の解説

逆効果・・では?

脱脂力が強く、それでいて補修性がわりとパリっとくるシャンプーですが、これだとくせ毛には返って向いてないのではないか。

普通に考えて、くせ毛を落ち着かせたり、扱いやすく、という趣旨だと思うのですが、

むしろくせ毛を強調させるような性質のシャンプーであり、果たしてこれで目的を達成できるのか甚だ疑問に思うのであります。



もし、くせ毛をできるだけ目立たせたくない、とお考えなら、これと正反対のような性格をもったシャンプーをオススメします。

要は、しっとりタイプで、エモリエント性、しなやかさを強調させるタイプですね。

モルトベーネ B:OCE シャンプーMC (くせ毛用) の全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

5グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

6ラフィノース

7加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

8シスチンビスPG-プロピルシラントリオール

9グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド

カチオン性の毛髪保護剤ですが、あまり効果が高くありません。

10ラウリン酸

炭素数12の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はドデカン酸。ヤシ油、ココナッツ油由来といえばこのラウリン酸を想像すると最も的確。

11PPG-14ジグリセリル

12ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

13スルホコハク酸ラウリル2NaDPG

14BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

17安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

18サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

19メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

20香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

雨の湿気でくせがでてしまう。スタイリングがしにくい。そんなくせ毛の方の声から生まれたくせ毛用のシャンプー

モルトベーネ B:OCE シャンプーMC (くせ毛用) を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。