モップ レモングラスコンディショナーの解析結果

総合順位

1448

総合得点 5点満点

1.72
成分数エキス系特効ダメ
26700

モップ レモングラスコンディショナー解析チャート

モップ レモングラスコンディショナーの解説

雑。



素材選びといい、処方組みといい、雑然としていて仕上がりに期待など全く持てないタイプです。

すごく悪いということではありませんが、日本の製品だったら今どきありえないような粗雑な設計なのです。



多少のコシを感じ取れるかどうか、といった仕上がりですが、持続性も即効性もなく、オススメには程遠い駄作です。

モップ レモングラスコンディショナーの全成分

1

2PEG-40ヒマシ油

3セテアリルアルコール

4PEG-7グリセリルココエート

・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルを添加。仕上がりに潤滑性を少し加える狙い。

5ステアラルコニウムクロリド

6コムギ胚芽油脂肪酸アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート

7トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

8レモングラス油

9レモングラスエキス

10カミツレエキス

11トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

12セイヨウサンザシ果実エキス

ヨーロッパ、アフリカ原産のバラ科の植物セイヨウサンザシ(中国では山査子)から得たエキス。フラボノイドやビタミンなどを含有し、抗酸化、抗炎症、皮膚コンディショニング、保湿、収れん、美白効果などを付与。

13キラヤ樹皮エキス

シャボンノキとも呼ばれるキラヤの樹皮から得たエキスで、天然の清浄作用により頭皮を健やかに。

14イチョウ葉エキス

フラボノイドとギンコライドを主成分とし、血流促進効果を期待されます。

15ルブスビロスス果実エキス

16グレープフルーツ種子エキス

17ゴマ油

18ヒドロキシプロピルトリモニウムハニー

はちみつのベタつきを完全に抑え、湿潤剤として4級化した低粘性の感触改善剤。低分子のカチオン化物です。

19

20ヒドロキシエチルセルロース

21グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

22クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

23香料

香りづけ。

24メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

25プロピルパラベン

26フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

自然の恵みの、オーガニックの植物抽出エキス、果汁、オイルをベースにしたアロマコンディショナーです。オーガニックのレモングラス、カミツレ、カレンデュラ、グレープフルーツの抽出エキスを配合。髪にうるおいやツヤを与えながら、髪一本一本にハリとコシを与え、すこやかに整えます。細くてハリがない髪や、髪が痩せてしまいコシやツヤがなくなってしまった方に。

モップ レモングラスコンディショナーの関連商品

モップ レモングラスコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。