モイスチャークア シャンプー プラス の解析結果

総合順位
888
総合得点 5点満点
2.15
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
305000

モイスチャークア シャンプー プラス の詳細情報

[製造販売元] シュワルツコフ

[商品ID] 2876
[容量]250ml
[参考価格]1512円
[1mlあたり] 約6.05
洗浄力
2.4

素材 

1

安全性
4.6

コスパ 

1.7

環境 
3.3

補修力

1.6

ツヤ 

1.2

感触 
2.7

育毛

0.7

洗浄剤
3.3

モイスチャークア シャンプー プラス の解説

しっとり系です。でも泡立ちはモリモリあるでしょう。デシルグルコシド高配合で刺激の緩和や手あれ防止効果があります。リピジュア配合、アミノ酸で持続的髪補修能力もあります。オレフィンスルホン酸も配合されていてさっぱり感も演出しています。

ヒアルロン酸は頭皮の環境を整えます。

非常にバランスのいいシャンプーです。

普通〜乾燥肌でダメージ毛の方向け。

モイスチャークア シャンプー プラス の全成分

1

2ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

5ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

6オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

7デシルグルコシド

糖系の非イオン界面活性剤で、洗浄性と泡立ちが優れます。他の洗浄剤と組み合わせて刺激性を抑制したり、使用感を改善する目的で使われます。

8ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

9ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

10グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

11ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

12アセチルヒアルロン酸Na

スーパーヒアルロン酸と呼ばれる素材です。親水性のヒアルロン酸にアセチル基を導入することで疎水性も与え、肌の角質の保湿効果を通常のヒアルロン酸よりも約2倍に高めます。また、分子量を小さく維持するので、肌への馴染みがよりよくなります。

13メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

14プロピルパラベン

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

17ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

18パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

19ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

20PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

21ソルビトール

22セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

23グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

24グルタミン酸

25アラニン

26アルギニン

27リシン

28トレオニン

29プロリン

30香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

モイスチャークアプラスは、積み重なったダメージにより失った、髪本来のうるおいと美しさのある仕上がりのためにダメージ補修と、うるおいを重点的にケアします。 配合されたダブルのヒアルロン酸で密度の高いうるおいの膜をつくり、しっかりと抱え込みます。 毛先までうるおいに満ち、スタイリングが思うがままに楽しめ、さらにダメージを受けにくい髪へと仕上げます。

モイスチャークア シャンプー プラス の関連商品

モイスチャークア シャンプー プラス を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。