ミスアールトリートメントリンス(ライスパワー)の解析結果

総合順位

1218

総合得点 5点満点

1.86
成分数エキス系特効ダメ
23100
  • ミスアールトリートメントリンス(ライスパワー)の詳細情報
  • 勇心酒造株式会社の関連商品
  • [JANコード] 4967704200210
  • [商品ID] 6660
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1782円
  • [1mlあたり] 約 3.56円

ミスアールトリートメントリンス(ライスパワー)解析チャート

ミスアールトリートメントリンス(ライスパワー)の解説

前提としてありふれたコンディショナーであるという・・

ライスパワー、トリートメント、というほど大袈裟な補修効果はない。





一般的なコンディショナーに毛が生えた程度とみるべき

ダメージ部分への補修効果は一般的なコンディショナーと同等で、トリートメントといえるほど違いを生み出すことはありません。

コメエキス配合という点も、ダメージ部分への関与はそれほど驚くような作用があるわけではなく、

一般的な保湿作用以上のものではないとみるべきでしょう。

陽イオン界面活性剤、シリコン、油分補給といったコンディショナーの基本的な性能が含まれる程度で、

それ以上になにか特別な仕掛けを見ることは出来ません。

コストが安めな点も、この内容なら納得であり、しっかりとダメージケアをしたいと考えているならさほど役に立たないと見るべきでしょう。



カチオン化ケラチンの配合が補修効果を与えそうですが、この成分だけでこの配合量で、ということを見るとあまり違いを与えてくれないだろうな、と推察されます。

ミスアールトリートメントリンス(ライスパワー)の全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ステアリン酸グリセリル

4BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

5ジステアリルジモニウムクロリド

ソフトで滑らかなタッチの4級カチオン界面活性剤。帯電防止効果が優れる。

6米抽出液

7ステアリルトリモニウムクロリド

4級カチオン界面活性剤です。

8水添パーム油

低融点天然ワックス、ワセリンの代替、こしがあり、さっぱりした感触のオイル。

9オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

10コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

11ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン

・カチオン化ケラチン配合で髪の強度をやや向上させます。

12ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

13ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

14イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

15クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

16ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

17ラウレス-2

18ラウレス-20

19フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

20香料

香りづけ。

21パラベン

22システイン

23アセチルシステイン

チオール基を持つグルタチオン前駆体。抗酸化物質としても知られますが、パーマ剤1剤にも使われます。髪のS-S結合を切断する効果がある。

販売元による宣伝文

☆天然のうるおい成分ライスパワNo.1Eエキスを配合。☆
★天然のアミノ酸を多く含むライスパワNo.1Eエキスを配合したトリートメントタイプのリンスです。高い保水力で、髪をよりしなやかに、まとまりやすくし、みずみずしいツヤのあるうつくしさを保ちます。ライスパワNo.1Eエキスは、天然のアミノを多く含む天然の保湿成分です。髪と地肌に浸透し、高い洗浄力と保水力で痛んだ部分をいたわりながら、すこやかで美しい状態に整えます。

ミスアールトリートメントリンス(ライスパワー)の関連商品

ミスアールトリートメントリンス(ライスパワー)を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。