me・gu・ru[めぐる]リンスの解析結果

総合順位

892

総合得点 5点満点

2.04
成分数エキス系特効ダメ
7000

me・gu・ru[めぐる]リンス解析チャート

me・gu・ru[めぐる]リンスの解説

使う意味があるのかどうか、というレベル



安物のリンスの中でも際立って使い物にならない一品



激安のリンス以下の仕上がり



カチオン界面活性剤も含まず、これといって有益な成分もなく、化粧水を髪につけているような粗末な製品です。

いえ、化粧水のほうがまだ出来がいいと言っても過言ではないでしょう。

不必要であると率直に思います。

me・gu・ru[めぐる]リンスの全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

5ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

6ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

7キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

販売元による宣伝文

しなやかさを保つホホバ油、グリセリンを配合。洗い上がりはしっとり、乾くと髪サラサラ。クエン酸でシャンプー後の髪と地肌を中和します。

me・gu・ru[めぐる]リンスの関連商品

me・gu・ru[めぐる]リンスを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。