薬用 ポリピュアEX の解析結果

総合順位

57

総合得点 5点満点

2.74
成分数エキス系特効ダメ
14500
  • 薬用 ポリピュアEX の詳細情報
  • シーエスシーの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1219
  • [容量] 120ml
  • [参考価格] 9800円
  • [1mlあたり] 約 81.67円

薬用 ポリピュアEX 解析チャート

薬用 ポリピュアEX の解説

典型的で、あまりにも在り来たりなトニック剤ではないでしょうか。

王道というか、巷に溢れる育毛トニックの大半がこういった形の設計になっています。

ということは、ほとんど効かないタイプとみていいわけです。(こういったトニックを使って薄毛が治るなら、街の風景はずいぶんと変わっているはずではないだろうか!)

何の工夫もなく、目新しい新規成分もなく、

期待しろという方が無理な話というタイプの製品です。

もちろん、古くから使われているニンジンエキスなどは、それなりに何らかの結果を出しているからこそ重宝されているものなのですが、

すぐに、目に見えて違いを生み出すほどの抜群さは感じられません。

まして、この程度の処方で10000円に迫る値付けをしていることに驚きを禁じえません。

薄毛商法の典型であり、費用対効果は全く悪いとしか言いようのない製品です。

薬用 ポリピュアEX の全成分

1精製水

2エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

3ポリリン酸ナトリウム

4ニンジン抽出液

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

51,3-ブチレングリコール

BGと表記される成分です。グリセリンよりもさらりとした感触で、エキスなどの溶剤として、抗菌作用も付与する特徴があります。

6酵母エキス

7加水分解コラーゲン末

8センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

9フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

10グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

11チョウジエキス

フトモモ科丁子のエキスで、クローブとも呼ばれます。ガロタンニン、オイゲノール、ベンズアルデヒドなどが主成分で、抗菌・抗炎症・血行促進作用などを付与します。

12ヒオウギ抽出液

女性ホルモン様作用による男性型脱毛(AGA)の抑制・皮脂の抑制効果などを付与。また、間質コラーゲナーゼ抑制という、コラーゲン分解酵素の生成を抑制する作用があり、薄毛の進行を抑える効果が期待される。

13l-メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

14ユーカリ油

販売元による宣伝文

育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛

薬用 ポリピュアEX の関連商品

薬用 ポリピュアEX を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。