薬用ケモアコンディショナーの解析結果

総合順位

1277

総合得点 5点満点

1.82
成分数エキス系特効ダメ
19100

薬用ケモアコンディショナー解析チャート

薬用ケモアコンディショナーの解説

ジメチコン、ロウ状のセタノール、エチルヘキサン酸セチルやソルビトールで、

一般的なリンスのような基剤。

塩化アルキルトリメチルアンモニウム液はきわめて殺菌力の強いカチオン界面活性剤で、

その他はアミノ変性シリコーンポリマーや、ステアルトリモニウムクロリド、酢酸トコフェロールくらいのもので、

言ってみれば超安物のリンスかのような内容といえるでしょう。

コンディショナーといってしまえばそれまでですが、

およそ3000円を超えるような値段を支払ってまで買いたい内容とは思えません。

値段が0が一個少ないような市販リンスの方が、おおよそ効能は上といっていいくらいチープです。

原始的なリンスですので、ご購入を検討中の方は肝に銘じて使われるべき。

薬用ケモアコンディショナーの全成分

1精製水

23-メチルー1,3-ブタンジオール

3ソルビット液

4セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

52-エチルヘキサン酸セチル

6メチルポリシロキサン

ジメチコン。

7塩化アルキルトリメチルアンモニウム液

ベヘントリモニウムクロリドのこと。4級カチオン界面活性剤で、しっとり系の仕上がりになる。ダメージ部に吸着し、髪の疎水性を回復されることで髪を補修する。

8レパゲルマニウム

9イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

10高重合ジメチルシロキサン,メチル(アミノプロピル)シロキサン共重合体

11酢酸DL-αートコフェロール

12エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

13塩化ステアリルトリメチルアンモニウム

ステアルトリモニウムクロリド。4級カチオン界面活性剤で、髪のダメージ部に選択的に吸着し、ダメージ部の親水性を疎水性に変化させながらダメージの防止する役割があり、シリコンオイルなどコーティング成分が乗りやすい状況を作る役割。ただ、肌に対しては洗浄剤などよりもタンパク変性作用が強く、毒性といってもいいような悪影響があるため頭皮などにつけるべきではない。

14センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

15高重合ポリエチレングリコール

16クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

17フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

18香料

香りづけ。

19グリチルリチン酸ジカリウム

細胞レベルで抗炎症作用をもたらす甘草由来の素材。また、白血球内の免疫細胞を強化する働きもあるとされています。

販売元による宣伝文

切れ毛・枝毛を防ぐ、医薬部外品の薬用コンディショナー。【医薬部外品】【無着色】【天然成分配合】【弱酸性】フローラルにフルーティ、グリーンの香りを配合した高級感のある香り。

薬用ケモアコンディショナーの関連商品

薬用ケモアコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。