マトメージュまとめ髪スティックレギュラー の解析結果

総合順位

62

総合得点 5点満点

2.31
成分数エキス系特効ダメ
22100
  • マトメージュまとめ髪スティックレギュラー の詳細情報
  • ウテナの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3528
  • [容量] 13ml
  • [参考価格] 594円
  • [1mlあたり] 約 45.69円
素材 
2.1
安全性
4.3
コスパ 
1.3
環境 
3.4
補修力
1.9
潤滑性
3
頭皮改善 
2.1
ツヤ 
2.4
持続性
2.3
感触 
3.3

マトメージュまとめ髪スティックレギュラー の解説

さらりと優しくホールド



肌に負担は少ないが、特別優れているということもない。

ベースがトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル。肌にやさしいタイプの油剤ですが、整髪料の基材に据えるというのはやや珍しいか。

さらっとしたベタつきのない仕上がり、少しのセット力、といった加減が予想されますが、

すごく品質が高いな、というような印象は全く受けません。

あえてこの製品でなくてもいいのかな、とすら思うクオリティです。

マトメージュまとめ髪スティックレギュラー の全成分

1トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

2ミツロウ

3セレシン

4PEG-30水添ヒマシ油

5マイクロクリスタリンワックス

ワセリンから抽出分離した固形成分で、石油由来の炭化水素です。化学安定性が高く、肌に浸透しないため皮膚刺激性がほとんどありません。延びがよく、ワックスタイプの粘性のある素材として重宝される。

6キャンデリラロウ

7水添パーム油

低融点天然ワックス、ワセリンの代替、こしがあり、さっぱりした感触のオイル。

8キャンデリラロウエステルズ

9トウツバキ種子油(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー

10加水分解シルク

11ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

12コメヌカロウ

13ダイズ油

14

15パラフィン

ろうそくのことです。あの白色の炭化水素化合物をパラフィンといい、化学的に安定性が高く滑らかな感触を与えるロウの一種です。

16ステアリン酸

17パルミチン酸

炭素数16、融点が50℃を越える飽和脂肪酸。

18ミリスチン酸

ヤシ油、パーム油に多く含まれる炭素数14の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はテトラデカン酸。

19トリエチルヘキサノイン

酸化安定性に優れ、さっぱりした感触のエステルオイルです。

20BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

21トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

22エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

販売元による宣伝文

手を汚さずひとぬりで、簡単キレイにおくれ毛や浮き毛をピタッとキープする仕上げ用スティック。ナチュラルにおさえるレギュラータイプです。 まとめ髪の仕上げに直接なでつけるだけのスティック状ワックスです。おくれ毛・浮き毛をピタッとまとめます。ぴょんぴょん立つ短い毛も、ひとぬりでおさえます。ななめ前髪のセットも、キレイにまとまります

マトメージュまとめ髪スティックレギュラー の関連商品

マトメージュまとめ髪スティックレギュラー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。