ラックス 美容液スタイリング ゆるやかウェーブフォームの解析結果

総合順位

190

総合得点 5点満点

0.98
成分数エキス系特効ダメ
18001
  • ラックス 美容液スタイリング ゆるやかウェーブフォームの詳細情報
  • ユニリーバの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 853
  • [容量] 130ml
  • [参考価格] 689円
  • [1mlあたり] 約 5.3円
素材 
-0.2
安全性
1.7
コスパ 
1.8

環境 

1.2

補修力
0.8
潤滑性
0.9
頭皮改善 
0.5
ツヤ 
1
持続性
2.6
感触 
1.2

ラックス 美容液スタイリング ゆるやかウェーブフォームの解説

論外の一品。

全成分を見て、うわぁ。と思ってしまうタイプです。

ラウリル硫酸Naはないでしょう。わざと実験で毛髪をダメージさせるのにラウリル硫酸Naは使われますが、そんなイメージの商品なのでしょうか。

こうなると、EDTA-2Na、BHT、サリチル酸Na(キレート、酸化防止、殺菌)といった旧指定成分も鼻につきます。

内容としては、シリコンベースにヒアルロン酸、アルギニンといった滑らか狙いのフォームなのですが、

その演出上の見た目のために、肌荒れを招いてしまっては元も子もありません。

ラックス 美容液スタイリング ゆるやかウェーブフォームの全成分

1ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

2LPG

3エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

4シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

5ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

6ココベタイン

7加水分解ヒアルロン酸

8アルギニン

9アジピン酸

10硫酸Na

11クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

12ステアリン酸PEG-45

13塩化Na

14ラウリル硫酸Na

分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。

15EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

16BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

17サリチル酸Na

18香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●スタイリングしながら髪の質感を高める、美容液配合スタイリングフォームです。●髪が乾燥することで、うねりや浮き毛などが起こり、スタイル崩れの一因となります。LUX美容液フォームに含まれるヒアルロン酸美容液(保湿成分)がうるおいをたっぷり抱えた状態で、髪に浸透します。●自然なスタイルを極める、きめ細かい泡。LUXはきめ細かい泡で髪一本一本を包み込むので、髪全体にいきわたりべたつかず、簡単に自然なスタイルが決まります。●ゆるやかウェーブ・・・ゆるやかなラインを生む、やわらかな手触りのウェーブ

ラックス 美容液スタイリング ゆるやかウェーブフォームの関連商品

ラックス 美容液スタイリング ゆるやかウェーブフォームを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。