LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメントの解析結果

総合順位

1520

総合得点 5点満点

1.64
成分数エキス系特効ダメ
42410
  • LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメントの詳細情報
  • Jコンテンツの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 836
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 3000円
  • [1mlあたり] 約 15円
素材 
1
安全性
3.5
コスパ 
1.2
環境 
3
補修力
1.5
潤滑性
2.3
頭皮改善 
1.4
ツヤ 
1.5
持続性
2.4
感触 
2.3

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメントの解説

昨今のカラートリートメント類の中では及第点クラス。



悪くはないが特筆すべきほど強烈な個性があるわけでもありません。

システイン/オリゴメリックプロアントシアニジンやキトサンといった素材が目を引きますが、全体を通してみるとそれなりに刺激性があったり、

完全に安心感を求めるというよりも、やや染まりやすくするように頑張っている箇所が目につきます。

カラートリートメントですから、染まらないことには始まらないので致し方ないですが・・





一方で、この類でも、より低刺激だったり、よりトリートメントとしての能力が高かったりする製品もあるので、

この製品を評価するならば可もなく不可もなく、中程度というのが妥当でしょう。

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメントの全成分

1

2水添ナタネ油アルコール

3ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

4BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ソルビトール

7尿素

8ステアルトリモニウムブロミド

4級カチオン界面活性剤ですが、このタイプは少しだけ肌刺激が抑えめ。 髪のダメージ部に選択的に吸着して疎水性を改善します。

9ガゴメエキス

・ガゴメエキスは F-フコイダンを含有するカゴメ昆布由来で、高い保湿力を長時間キープ。 さらに、抗シワ、肌荒れ改善、抗ニキビ作用、皮脂の過剰分泌を抑制といった効果をしめします。

10ベニバナ赤

11クチナシ果実エキス

アカネ科クチナシの果実から得たエキスです。染料として古くから使われている他、抗酸化作用も。

12アイ葉/茎エキス

13ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

14ポリ-γ-グルタミン酸Na

納豆のネバネバの素がこのポルグルタミン酸です。高い保湿効果を付与し、分解されづらいため持続的に保水効果を保持します。

15システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン

ライチ由来のポリフェノール、オリゴメリックプロアントシアニジンを低分子化し、さらにシステインを付加した素材です。ビタミンCを遥かに凌ぐ抗酸化力を持ち、かつシステインの美白作用も加わって紫外線からのダメージを防ぐ他、優れた美白効果を付与します。

16キトサン

人工皮膚にも使われる素材です。強靭で柔軟性のある皮膜を形成し、抗菌作用も期待できる質の高い素材です。

17グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

18ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

19ローズマリー油

シソ科ローズマリーから抽出したエッセンシャルオイルです。精神を高揚させる作用や、集中力アップ、育毛効果などがあると言われています。

20オレンジ油

・油を分解する効果が高いオレンジ油配合。 香りも特徴ですが、脱脂力がややプラスされる点も考慮しましょう。

21ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

22結晶セルロース

23炭酸水素アンモニウム

24乳酸

25オクトキシグリセリン

26パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

27イソステアリン酸オクチルドデシル

28水添ロジン酸ペンタエリスリチル

29イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

30PVP

ポリビニルピロリドンのこと。皮膜形成剤で肌や髪にハリ・コシを与える目的で配合される。ただ、吸湿するとハリが失われやすく、持続性に難あり。

31ヒドロキシエチルセルロース

32アルギン酸Na

海藻のネバネバ成分はこれです。多糖類の一種で高い保湿作用を付与します。

334-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール

34塩基性青99

35塩基性赤76

36塩基性茶16

37HC青2

38HC黄2

39HC黄4

40セテアリルグルコシド

41ステアリン酸グリセリル

42エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

販売元による宣伝文

頭皮と髪にやさしく毎日使えるトリートメントタイプの白髪染めです。植物由来の天然染料などでナチュラルに白髪をカラーリング。染めるほどしっとりうるおいます。

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメントの関連商品

LPLP(ルプルプ) ヘアカラートリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。