LLang RG オールインワンシャンプーの解析結果

総合順位

1612

総合得点 5点満点

1.34
LLang RG オールインワンシャンプー(250mL)
楽天でLLang RG オールインワンシャンプーを買う
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
414800
  • LLang RG オールインワンシャンプーの詳細情報
  • ポップベリーの関連商品
  • [JANコード] 4560461867537
  • [商品ID] 5968
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 1728円
  • [1mlあたり] 約 6.91円
洗浄力
3.8
素材 
0.4
安全性
2.1
コスパ 
1.7

環境 

1.9

補修力
-0
潤滑性
0.7
頭皮改善 
1
ツヤ 
0.8
持続性
2.2
感触 
0.9
育毛
0.9
洗浄剤
3

LLang RG オールインワンシャンプーの解説

メリットある素材が台無しに

オタネニンジン水をベースに加えているあたり個性派な印象を受けますが、

その他にもある有用なエキス類をベースの洗浄剤が台無しにしていると言っても過言ではありません。

ラウレス硫酸ナトリウム、コカミドプロピルベタインという市販でも最も凡庸で安価な素材をベースを据えているあたり、



このシャンプーの本気度が高くないことを示唆しているではありませんか。



その他の綺羅びやかな有用エキスがかわいそうに、せっかくの美肌効果も強すぎる脱脂力で帳消し。



多少のコンディショニング効果も慰めにしかならず、



髪にも頭皮にも状態を悪くする方にしか働かない様子。

LLang RG オールインワンシャンプーの全成分

1

2ラウレス硫酸Na

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム塩。肌への浸透性はラウリル硫酸塩より低減しているが、洗浄力は同等に強い。泡立ちは最高級に強いが、必要以上に脱脂してしまうため肌や髪の乾燥を招きやすい。安価で作れる点が最も好まれているが、美容を考えたら歓迎できない成分である。

3オタネニンジン根水

4コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

5コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

6オウゴンエキス

シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。

7イチョウ葉エキス

フラボノイドとギンコライドを主成分とし、血流促進効果を期待されます。

8ヤクモソウエキス

9カカオエキス

10タカサブロウエキス

キク科タカサブロウのエキスで、白髪抑制・育毛効果を付与します。有効成分ウェデロラクトンを含有する。

11コクシニアインディカ果実エキス

コチニアと呼ばれていた成分です。ウチワサボテン族ベニコイチジクに寄生するエンジ虫から得た色素のこと。殺菌・鎮静作用を付与します。

12キラヤエキス

13乳酸桿菌/ザクロ果実発酵エキス

14乳酸桿菌/ダイズ発酵エキス

15カンジダボンビコラ/(グルコース/ナタネ油脂肪酸メチル)発酵物

抗菌剤として働くほか、抗アクネ菌・抗ニキビ対策としても用いられます。

16チャ葉油

17ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

18ヤシ油脂肪酸

19乳酸桿菌発酵液

20グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

21クオタニウム-80

ビルドアップしないシャンプー向けのコンディショニング剤。光沢と心地よい櫛通りを付与。

22パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

23PPG-3カプリリルエーテル

カプリリルアルコールのポリプロピレングリコールエーテルです。シリコンの代替としても用いられる他、シリコンとの併用で均一性の高い皮膜を形成し、ツヤ感をアップさせる効果も。

24塩化Na

25プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

26ヒドロキシプロピルグアーガム

27BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

28クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

29ヤシ油アルキルグルコシド

30ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

31デキストリン

32ココイルイセチオン酸Na

ヤシ油脂肪酸とイセチオン酸のエステルをナトリウムで仕上げた界面活性剤です。イセチオン酸とは、分子内にヒドロキシル基とスルホン酸基を有する2官能性の化合物。比較的洗浄性が高く、適度にさっぱり感を付与します。

33カプリリルグリコール

静菌作用を有する保湿剤として使われます。

341,2-ヘキサンジオール

35硝酸Mg

36塩化Mg

37エチルヘキサンジオール

38EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

39フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

40安息香酸Na

・安息香酸Naはエゴノキ科アンソウクコウノキ樹脂由来の抗菌剤で、安全性の面から1%以下の配合量規制。安定性を考えてパラベンを併用することが多い。

41香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

株式会社韓国人参公社が保証する正官庄6年根紅参を使用したシャンプーです。サポニンを低温蒸留で抽出、頭皮と髪を長い時間さわやかに維持させます。5つの植物成分とセラミドの処方で、髪一本一本に水分膜をレイアリングし、自然なボリュームを作ります。

LLang RG オールインワンシャンプーの関連商品

LLang RG オールインワンシャンプー(250mL)
楽天でLLang RG オールインワンシャンプーを買う

LLang RG オールインワンシャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。