LCジャムウ・スカルプクレンザー の解析結果

総合順位

1093

総合得点 5点満点

2
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3241000

LCジャムウ・スカルプクレンザー 解析チャート

LCジャムウ・スカルプクレンザー の解説

強め洗浄、少し低刺激?

やや洗浄力は強めで、アミノ酸系洗浄剤に刺激緩和されている形。

香り系エキスやオイル、すーっとするメントールや保湿系エキスなどが配合。

アミノ酸系防腐剤配合。

まず、内容に対して値段がやや高すぎる印象です。

オレフィンスルホン酸Naベースでこの値付けは少々乱暴。

一方、配合エキス類はまずまず質がよく、抗酸化作用や抗菌、肌の代謝改善に効果を示すタイプです。

コンディショニング効果もわずかに感じ取れそう。

バランスはいいものの、洗浄剤が安っぽく残念。

LCジャムウ・スカルプクレンザー の全成分

1

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

3ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

4ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

5ココイルメチルタウリンNA

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

6イソペンチルジオール

3-メチル-1,3-ブタンジオール。溶剤として主に使われ、抗菌性、保湿性を付与する面もある。

7ポリソルベート20

モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン。食品添加物に用いられるような乳化剤であるが、やや古い材料で昨今のより機能的な乳化剤と比べるとチョイスが古めかしい感が否めない。

8ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

9ココイルアラニンTEA

アミノ酸系アニオン界面活性剤です。コンディショニング効果を持ち、適度な洗浄性と安定した泡立ちが特徴。仕上がりはしっとり感やシルク系のさらりとした感触を残します。

10塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン

・肌への密着性、皮膜性を高めるカチオン化デンプンを配合しています。良くも悪くも、肌への残存性が高まる、という効果を得ることができます。

11カユプテ油

12ベルガモット果実油

13メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

14ムクロジエキス

15チャ葉エキス

チャ葉から抽出したエキスです。抗菌作用が優れ、タンニンの収れん作用、ビタミン類の抗酸化作用、アミノ酸の保湿作用など付与します。

16ホウセンカ葉エキス

17ワレモコウエキス

バラ科吾亦紅のエキスです。タンニン、サポニンを含み、血行促進、抗菌作用などを呈します。

18カワラヨモギエキス

19ラベンダーエキス

20ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

21ユーカリエキス

22アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

23アンマロク果実エキス

トウダイグサ科コミカンソウ属アンマロクの果実エキスで、アムラエキスとも呼ばれます。少量で優れた抗酸化作用を示し、キレート作用(金属封鎖作用)も付与。インドでは天然の万能薬と呼ばれています。

24海塩

25カプリル酸ポリグリセリル-3

制汗・デオドラント処方に適した乳化剤。作用が24時間持続。

26グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

27BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

28ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

29クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

30塩化Na

31ポリアミノプロピルピグアニド

32フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

今までのスカルプケアとはちょっと違う!?驚きの実感、自然派で毎日使える『LCジャムウ・スカルプクレンザー』。『頭皮の臭い』をすっきり洗い、髪のツヤを保ちます。また、頭皮をキレイに保つことで、髪にツヤを与え、切毛・枝毛なども防ぎます。もう、突然彼が近づいてきて、頭皮に彼の鼻が近づいても大丈夫。彼がいつでもぎゅっとしたい!すこやかな頭皮で過ごしましょう!

LCジャムウ・スカルプクレンザー の関連商品

LCジャムウ・スカルプクレンザー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。