ラビューティー ベースフレッシュ トリートメントコンディショナーの解析結果

総合順位

1586

総合得点 5点満点

1.65
成分数エキス系特効ダメ
16000
  • ラビューティー ベースフレッシュ トリートメントコンディショナーの詳細情報
  • 花王の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 762
  • [容量] 550ml
  • [参考価格] 1134円
  • [1mlあたり] 約 2.06円

ラビューティー ベースフレッシュ トリートメントコンディショナー解析チャート

ラビューティー ベースフレッシュ トリートメントコンディショナーの解説

やや低刺激、ツヤ感の仕上がり。



あくまでも軽い効能となる一品です。

髪の指通り感を改善する効果はそこそこ良いのですが、持続性や補修効果はありません。



唯一、一般的な製品よりもツヤ感は少し感じられそうです。

ラビューティー ベースフレッシュ トリートメントコンディショナーの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5乳酸

6ステアロキシプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。肌刺激はソフトですが、ダメージカバー能はあまり高くありません。

7リンゴ酸

リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。

8アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

9ベンジルオキシエタノール

10フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

11ナフタレンスルホン酸Na

高い湿潤浸透性有する界面活性剤。高い化学安定性を有し、感熱紙の顕色剤や増感剤の水中分散効果にすぐれています。

12パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

13(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル

14ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

15ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

16香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

美髪化技術HBTがつくる、しなやかなつやめく髪。2つのキー成分(ブリリアントエッセンス、プロテインエンハンサー)が髪を芯まで補修! つやがない・パサつく・絡まる そんなダメージヘアー。 あなたの髪は空洞化をおこしているかもしれません。 ラビューティはこの空洞を補修。髪内部の光の乱反射がなくなるから、深みのあるつやが生まれます。

ラビューティー ベースフレッシュ トリートメントコンディショナーの関連商品

ラビューティー ベースフレッシュ トリートメントコンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。