雪肌精 ホワイト ミルキィ ウォッシュの解析結果

雪肌精 ホワイト ミルキィ ウォッシュ

総合順位

139

総合得点 5点満点

1.93
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
324600
  • 雪肌精 ホワイト ミルキィ ウォッシュの詳細情報
  • コーセーの関連商品
  • [JANコード] 4971710224108
  • [商品ID] 7857
  • [容量] 140ml
  • [参考価格] 3300円
  • [1mlあたり] 約 23.57円
雪肌精 ホワイト ミルキィ ウォッシュ解析チャート

雪肌精 ホワイト ミルキィ ウォッシュの解説

ただの石鹸とは一味違う、そんな洗顔料

雪肌精の洗顔料。

基本は石鹸ですが、ただの石鹸とは少し違うようです。

純石鹸とは違う、工夫された内容

ベースにヤシ脂肪酸TEA、(ラウリン酸/ミリスチン酸)TEAなど、一般的な石鹸とは少し仕上げ方が違う内容で、感触的にはよりソフトに感じられるものとなるでしょう。

ここに、ココアンホ酢酸ナトリウム、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンナトリウムなどアミノ酸系や両性界面活性剤をミックスさせて、石鹸のデメリットを少々緩和している構成です。

石鹸のデメリットといえば、そのアルカリ性という特徴ゆえに肌の保湿因子をとても多く溶出してしまうという致命的なデメリットがあります。

この悪い部分を、他の界面活性剤がクッションのように緩和させている、というのはこの洗顔料の特徴のようです。

加えて、アケビ茎エキス、オウゴンエキス、甜茶エキス、トウキ根エキス、ハトムギエキスが整肌作用を付与し、ただ洗うだけでなく肌をなめらかに整えるという役割も果たしています。

保湿効果の高いポリアスパラギン酸ナトリウム、スクワランといった素材もありますね。

石鹸にありがちな突っ張るほど肌が乾燥するという悪い特徴を、これらの素材が見事にカバーしているような感じです.

とはいえ,やはり石鹸タイプの洗顔料を使った後は、適切な保湿ケアが別途必要というのは変わりありません。

素早く弱酸性の状態に戻してあげてほしいですし、溶け出した保湿因子を後から補うというのは理にかなった行動と言えます。

ただ石鹸系の洗顔料を好まれる方にとって、石鹸でありながら比較的お勧めできるレベルの洗顔料であることは間違いありません。

アミノ酸タイプのような洗浄力の低さやしっとり感の強すぎる印象が好まれない、という方にとっては適切な選択肢となる可能性が高いでしょう。

洗浄剤の構成もさることながら、植物エキスのクオリティも高く、半ば美容効果のようなものを得られるという点では悪くない選択肢であると言えます。

一度試してみるのはアリでしょう。

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。結果的に、肌にマイルドといえる方法です。
メチルパラベン
防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。
フェノキシエタノール
シソ科コガネバナの根より抽出したエキスです。抗炎症・抗アレルギー作用をはじめ抗酸化作用・美白作用・収斂作用などを付与。育毛系の製品でもよく利用されるように、男性ホルモンを抑制する効果があります。
オウゴンエキス
セリ科植物トウキの根から得たエキス。婦人科で必要とされる薬効を豊富に含むことで知られます。血行促進、コラーゲン分解阻害作用、抗アレルギー作用を付与。
トウキ根エキス
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。
グリセリン
コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。
コカミドDEA
アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。
ココイルメチルタウリンNa
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。
ポリクオタニウム-10
エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。
EDTA-2Na
コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。
ジステアリン酸グリコール
穀類の中でも栄養価の高いハトムギから得たエキスです。ヨクイニンを多く含み、新陳代謝促進作用を付与します。
ハトムギエキス
アケビ科ミツバアケビの茎から抽出したエキス。表皮細胞による天然保湿因子の一つである尿素の産生を促進し、肌の内側から保湿性を保ちます。
アケビ茎エキス

石鹸のデメリットを緩和、その他のメリットを付け足した構成

販売元による宣伝文

ミルクドロップ製法から生まれる、濃密な泡。
うるおいを守りながら、澄んだ肌に洗い上げる洗顔料。
肌にやさしいタウリン系洗浄成分をはじめ、保湿成分や乳液由来のエモリエント成分でつくりあげる柔軟な泡が、うるおいを守りながら肌を包み込むようにしっとりと洗い上げます。
テンチャエキスが紫外線ダメージを受けた肌もケアし、くすみ※1の原因となる古い角質や汚れを落として肌本来の健やかさと透明感をさらに引き出します。
次に使う化粧品がスムーズになじむ、なめらかでみずみずしい、キメ細かな肌にととのえます。
さわやかな香りとやさしい使い心地です。

※1 紫外線からくる乾燥によるくすみ