キッピス クリームシャンプー 水の解析結果

総合順位

374

総合得点 5点満点

3.02
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3511210
  • キッピス クリームシャンプー 水の詳細情報
  • キレートジャパンの関連商品
  • [JANコード] 4580487790565
  • [商品ID] 6079
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 1944円
  • [1mlあたり] 約 12.96円

キッピス クリームシャンプー 水解析チャート

キッピス クリームシャンプー 水の解説

シャンプーと言うと誤解を生む

処方の中にほとんど洗浄剤がないに等しい製品ですので、

シャンプーと呼ぶには無理がありそうです。
製品の内容を見た印象はまさにコンディショナー。



コンディショナーで頭皮を洗うのは抵抗があると思いますが、



いくぶんマイルドとはいえ、この製品のやろうとしていることはそういうことです。





シャンプーのような、コンディショナーのような、どっちらの要素も取り入れたものを作りたかったのでしょうか、



清々しいほどに中途半端な出来栄えであり、



オール・インワンといえるようなメリットがありません。





単にコンディショナーとして使うならやや評価できますが、シャンプーとしてはアウトです。

キッピス クリームシャンプー 水の全成分

1

2水添ナタネ油アルコール

3ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

4ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

5ダイマージリノール酸水添ヒマシ油

6ジメチルステアラミン

3級カチオン界面活性剤です。四級カチオン界面活性剤と比較して肌にソフトで、環境分解性もよいマイルドなコンディショニング効果を付与します。静電気を除去したり、指通りを改善する効果は少し劣りますが、肌へのデメリットを大幅に軽減できるメリットがあります。

7オクチルドデカノール

植物由来の分枝鎖飽和アルコールで、水添ポリイソブテンの感触改良作用がある。薄い皮膜を形成し、ベタつきのないさらっとした感触を与える。

8ラウリン酸イソアミル

ラウリン酸とイソアミルアルコールのエステルです。ラウリン酸イソペンチルとも呼ばれます。油性基材として用いられる肌や環境にソフトな素材です。

9パルミチン酸セチル

クリームの光沢改良・増粘作用を付与。

10乳酸

11セイヨウハッカ油

12エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

13BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

14ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

15オリーブ油PEG-7

オリーブ油に近い組成の水溶性可溶化剤。穏やかな保湿効果を付与します。

16ビルベリー種子油

17コケモモ果実エキス

18トウキンセンカ花エキス

キンセンカの花から得たエキス。マリーゴールドと呼ばれる植物です。抗炎症効果が優れます。

19ニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

20アボカド油

オレイン酸を主とするトリグリセライド。エモリエント作用を付与。

21プルーン種子油

22ダイズ油

23カラスムギ穀粒エキス

オーツ麦、オシリフトとも呼ばれるカラスムギの種子抽出エキス。保湿効果を付与する保護膜を付与します。

24オリーブ果実油

25クランベリー果実エキス

26ヨーロッパシラカバ樹皮エキス

タンニン・フラボノイド・ビタミンC・サポニンなどを含有します。収れん作用、美白作用、清浄作用、抗酸化作用などを付与。消炎・抗菌作用などにより肌を整える効果があります。

27カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

28フユボダイジュ花エキス

シナノキ科シナノキの葉や花から得たエキスです。シナノキエキス、とも呼ばれます。タンニン、フラボノイドを含有し、抗菌・抗炎症・血行促進作用、収れん作用を付与。

29セイヨウニワトコ花エキス

スイカズラ科植物でフラボノイド含有のエキス。優れた抗酸化作用を付与。

30セイヨウトチノキ種子エキス

31ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

32ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

33グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

34デキストリン

35フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

シャンプー、トリートメント、コンディショナー、頭皮ケアの機能を1本にしたオールインの泡立たないクリームシャンプーです。イタリアトスカーナ産のオリーブから精製された成分を配合。頭皮・頭髪に潤いを与えます。合成ポリマー、パラベン類、紫外線吸収剤、エタノール、法定色素、シリコン、鉱物油、動物由来成分を使用していない、ノンシリコン・無添加処方。清涼感強め、清涼感あふれるクリアなミントの香り。

キッピス クリームシャンプー 水を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。