ケララボ 生ケラチン髪の補修液 しっとりタイプの解析結果

総合順位

331

総合得点 5点満点

2.58
成分数エキス系特効ダメ
46120
  • ケララボ 生ケラチン髪の補修液 しっとりタイプの詳細情報
  • 柳屋本店の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 1023
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 880円
  • [1mlあたり] 約 4.4円

ケララボ 生ケラチン髪の補修液 しっとりタイプ解析チャート

ケララボ 生ケラチン髪の補修液 しっとりタイプの解説

洗い流さないトリートメントです。そして、生ケラチン、しっとりというキーワードに則した内容であるでしょうか。

ベースのシクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールは有効成分の浸透促進、保湿性向上、低刺激のエステルです。

ケラチン、加水分解ケラチンの2種、ペリセア、γ-ドコサラクトンはエルカラクトンと呼ばれ、毛髪内部のアミノ基と結合。ハリ・コシ・ツヤと長期持続性を付与します。

メドウフォーム油、ダイズステロール、PEG-30ステロール、グリコシルトレハロース、デンプンが毛髪表面に平滑性と潤いを与え、自然なツヤ、保湿性を演出。

褐藻エキスは大西洋、中南米海域に産生する褐藻類で、ビタミンA,Dの高単位での含有、アミノ酸、ミネラル類の含有により、整肌作用、増粘、感触改良、保湿、生理活性促進効果を付与。

クオタニウム-18は塩化ジアルキル(14-18)ジメチルアンモニウムというカチオン界面活性剤で、比較的低刺激性のコンディショニング効果を付与します。

PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリンは植物性グリセリンのアルキレンオキシド誘導体で、グリセリン骨格を持つトリグリセリドの効果で高い保湿性、安定性、安全性、べたつかない感触を付与。

アミノ酸各種が親和性の高い保湿作用。

全体としては、

しっとり滑らかさではまずまず優秀といえます。

各補修成分も一定のレベルに達しているといえる質の高い一品ではあります。

が、微量のベヘントリモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド(4級カチオン界面活性剤)の配合により肌に刺激が比較的強く、肌の弱い方には向かない作りとも言えそうです。

しっとり感は十分に感じ、仕上がりもまずまずなだけに、やや残念な印象。

ケララボ 生ケラチン髪の補修液 しっとりタイプの全成分

1

2エタノール

3シクロヘキサン1-4ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

4プロパンジオール

5ケラチン

6加水分解ケラチン

7オリーブ油

8メドウフォーム油

9ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

10γ-ドコサラクトン

11ダイズステロール

12PEG-30フィトステロール

13グリコシルトレハロース

14加水分解水添デンプン

15褐藻エキス

16L-アスパラギン酸

17アラニン

18アルギニン

19イノシトール

20イソロイシン

21グリシン

22セリン

23バリン

24プロリン

25トレオニン

26フェニルアラニン

27ヒスチジン

28PCA-Na

29PCA

30BG

31クオタニウム-18

32ベヘントリモニウムクロリド

33ステアルトリモニウムクロリド

34乳酸Na

35クエン酸

36クエン酸Na

37PPG-6デシルテトラデセス-20

38PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン

39PEG-60水添ヒマシ油

40ジイソステアリン酸プロパンジオール

41ジグリセリン

42DPG

43酢酸トコフェロール

44フェノキシエタノール

45メチルパラベン

46香料

販売元による宣伝文

●髪の主成分「ケラチン」に着目。2種類のケラチンを配合し、気になる髪のダメージ部分に働きかけます。●継続使用で補修だけでなくバリア、保護機能を高めながら、しなやかで美しい髪に整えます。●ノンシリコン●やわらかなフローラルの香り

ケララボ 生ケラチン髪の補修液 しっとりタイプを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。