ケフトル ミネラルコンディショナーEXの解析結果

総合順位

1045

総合得点 5点満点

1.95
成分数エキス系特効ダメ
34611
  • ケフトル ミネラルコンディショナーEXの詳細情報
  • セラピュアの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 726
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 4620円
  • [1mlあたり] 約 9.24円

ケフトル ミネラルコンディショナーEX解析チャート

ケフトル ミネラルコンディショナーEXの解説

泥パック+ハリ・コシ滑り系ですが・・



意外にも、泥のような見た目からは想像できないほど実力派な面を持つトリートメントです。





エモリエント感と艶感の修復が得意な一品であり、滑らかなタッチが好感を持てる一品です。

ベントナイトを多めに配合していて、カチオン界面活性剤を控えていることからも、頭皮も含めて頭髪に塗っていくようなイメージでいいと思います。

トータルコンディショナーとして穏やかに、バランスよく作用する一品です。

ラノリン、ケラチン、擬似セラミドをはじめ、コンディショニング効果の高い成分が多く含まれます。

見た目以上にトリートメントらしいトリートメントです。

基本性能は保湿力が強い、また余計な皮脂や汚れを落とせるなどのオマケもつきます。

脱臭効果もあります。

ただし、配合量の多いベントナイトは必ずしも安全とは言い切れない特性を持っています。

ベントナイトは強力な粘性と乳化安定性を持つ成分ですが、泥系成分の中では不純物(針状シリカ)の含有があるタイプで、アスベストに似た構造であることから注意が必要。

さらに、ラノリンも少し肌に負担になるケースも。

もちろん、微量とはいえカチオン界面活性剤はタンパク変性作用による殺菌という役割もあり、これが肌には刺激となります。

全体の性能は高いだけに、頭皮へのデメリットが散見される点は残念。

ケフトル ミネラルコンディショナーEXの全成分

1

2イソペンチルジオール

3-メチル-1,3-ブタンジオール。溶剤として主に使われ、抗菌性、保湿性を付与する面もある。

3セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

4活性石ベントナイト

5ラノリン脂肪酸オクチルドデシル

6ミリスチン酸イソセチル

7アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

8ステアリンアルコール

9アルキル(C12.14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI

アミノ酸系両性界面活性剤です。シリコン並の滑りを付与し、帯電を抑制などコンディショニング効果に優れます。同時に傷んだ毛髪に吸着して切れにくくする作用もあります。シリコンとの違いとして、生分解性に優れた素材。

10ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

11クオタニウム-33

クオタニウム-33はエチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム液(1)という名称で、18-MEA(18−メチルエイコサン酸)という髪のキューティクルを保護している脂質成分を多く含む、羊毛由来のコンディショニング成分です。髪の艶、キューティクルのめくれなどを接着剤のように防止し、髪を保護する役目を果たします。

12ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン

13エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

14ラウロイルグルタミン酸(コレステリル/べヘニル/オクチルドデシル)

15BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

16変性アルコール

飲料としての用いられないように不純物を混ぜ込んだアルコールです。質の高い製品には配合されないであろう成分ともいえます。

17ココイルグルタミン酸

18ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

19メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

20PEG-30

21ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

22ブチルパラベン

23パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

24ノノキシノール-10

25トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

26ピリドキシンHCI

ビタミンB6です。タンパク質の代謝を促進する働きのほか、皮脂を抑制する働きがあります。抗アレルギー作用も。

27グリチルレチン酸ステアリル

油溶性抗炎症成分です。

28センブリエキス

リンドウ科の2年草で、細胞活性作用、抗炎症・血行促進作用を付与します。

29オタネニンジンエキス

神経細胞活性化、免疫・抗炎症作用・血行促進作用、たんぱく質・核酸合成促進作用など多岐にわたる。

30ケープアロエエキス

31トウガラシエキス

32ヒノキチオール

・ヒノキチオールは非常に高い抗菌活性を持つ成分で、配合量により肌刺激性の懸念が増す可能性を持つ殺菌剤です。

33褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

34プロピルパラベン

販売元による宣伝文

洗髪後の髪と頭皮のモイスチャーバランスを整え、髪の土台である頭皮をしっかり保護・保湿する活性石ベントナイトの泥状スカルプパックコンディショナーです。天然エキス+活性石ベントナイト配合で、血行不良や乾燥・脂性でお疲れの頭皮をアンチエイジング。フケ・痒み・吹き出物といった頭皮トラブルを改善しながら、頭皮を活性化して強く太い髪の育毛を助けます。健康で美しい髪の未来をしっかり守る頭皮コンディショナーです。

ケフトル ミネラルコンディショナーEXを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。