カガエ マイルド クレンジング リキッドの解析結果

総合順位

7

総合得点 5点満点

4.92
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
3011200
  • カガエ マイルド クレンジング リキッドの詳細情報
  • 薬日本堂の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5539
  • [容量] 120ml
  • [参考価格] 2916円
  • [1mlあたり] 約 24.3円
洗浄力
4.2
素材
4.9
安全性
6.6
コスパ 
4.7
環境 
4
潤滑性
3
頭皮改善 
4.1
ツヤ 
2.3
持続性
2.3
感触 
4.5
アンチエイジング
3.5
美白
2.7
洗浄剤
3.6

カガエ マイルド クレンジング リキッドの解説

アミノ酸系のしっかり洗浄洗顔。

ラウロイルメチルアラニンナトリウムをベースとした純粋なアミノ酸系洗顔料

石鹸に比べれば非常にマイルドで、かつ洗浄力がしっかりある、使い勝手の良いタイプと言えます。



角質の代謝を助けるハトムギエキスや、美白作用、抗炎症作用、保湿作用に秀でた成分を配合。

全体的なクオリティが好ましい洗顔料と言えそうです。



ベビーソープレベルよりは少し 肌負担はかかりますが、そのぶん泡立ちを含めた使い勝手が良好。



肌を大切にする洗顔を心がけたいならば、選択肢に入れるべき製品の一つです。



単にアミノ酸系というだけでなく、 総合的なクオリティが洗顔に向いているタイプと言えます。

カガエ マイルド クレンジング リキッドの全成分

1

2コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

3ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸型洗浄剤の中で中性タイプといえる素材。洗浄力とコンディショニング効果のバランスが良く、比較的さっぱり系の洗い心地と指通りを得ることもできるでしょう。アミノ酸系シャンプーを欲しいがあまりしっとりさせたくない時に適する。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5コプチスチネンシス根茎エキス

6オウゴン根エキス

収斂・抗菌・抗炎症作用のほか、男性ホルモン由来の脱毛を予防する作用も。

7キハダ樹皮エキス

別名オウバクエキス。優れた抗菌作用を付与します。

8クチナシ果実エキス

アカネ科クチナシの果実から得たエキスです。染料として古くから使われている他、抗酸化作用も。

9カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

10ローマカミツレ花油

11ハトムギ種子エキス

ハトムギの種の部分から抽出されたヨクイニンエキスです。優れた抗炎症作用、イボ取り効果、排膿作用などがあります。化粧品では、肌の再生効果、肌荒れを防止したり、抗炎症目的で配合されます。

12クズ根エキス

葛、カッコンとも呼ばれるエキスで、チロシナーゼ阻害作用による美白効果や、イソフラボン、サポニンを含むため更年期障害や血行促進作用などを付与します。

13ユズ果実エキス

14セイヨウサンザシ果実エキス

15アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

16クロレラエキス

細胞の活性を高める効果のあるプランクトン由来のエキスです。

17アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

18ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

19加水分解水添デンプン

20セテアレス-60ミリスチルグリコール

別名ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル。ゲル化・増粘作用を製品に与え、泡立ちを増したり、粘度を高めたりする素材です。

21水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

22リゾレシチン

天然の界面活性剤であり、酵素を利用して低分子化し経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合されます。

23グリコシルトレハロース

とうもろこし由来のトレハロースとグルコースによる保湿成分。非常に高い保湿力と、細胞を保護する働きがあります。

24ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

25塩化Na

26乳酸

27フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

28BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

29コメヌカスフィンゴ糖脂質

30グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

販売元による宣伝文

「余計なものは極力入れないで、肌に必要なものを配合する」をコンセプトに誕生したクレンジング。化粧水に近いサラサラとした使用感で汚れをさっぱりと落とし、しっかりと保湿します。ほんのり泡立ち、ほのかに香り、すっきり洗い上げる絶妙なバランスのクレンジングです。

カガエ マイルド クレンジング リキッドの関連商品

カガエ マイルド クレンジング リキッドを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。