ジュエル イン ストパリッチの解析結果

ジュエル イン ストパリッチ

総合順位

10

総合得点 5点満点

4.08
成分数エキス系特効ダメ
37220
  • ジュエル イン ストパリッチの詳細情報
  • ベルセノアの関連商品
  • [JANコード] 4580274480853
  • [商品ID] 5568
  • [容量] 250ml
  • [参考価格] 1944円
  • [1mlあたり] 約 7.78円

ジュエル イン ストパリッチ解析チャート

ジュエル イン ストパリッチの解説

素材、実力派揃い。
素材力が高いという表現が近いでしょう。
潤い、ハリ・弾力アップ系、コーティング力アップを望めるアウトバストリートメントといえるでしょう。
ある程度の持続性、潤滑性アップの期待値高し。
安全性としてほぼほぼ問題ないといえます。
ただし、素材1つ1つの良さのわりに、実際使ってみると圧倒されるような実感があるかな?という印象も。
たくさんの素材が、ともするとお互いを薄めあってしまうパターンにもなりえます。
謳い文句としてはストレート効果狙い、という商品のようですが、くせ毛を伸ばして固定するような効果はあまりないものの、
縮毛矯正した髪の状態を一定時間保とうよ、という企みにはある程度応えてくれそうです。

ジュエル イン ストパリッチの全成分

1

2DPG

ジプロピレングリコールです。PGよりも毒性が低く、肌浸透性という点でも低めな素材で、製品の安定性を高める目的や、保湿、抗菌剤として使われます。

3PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

4ヒドロキシエチルセルロース

5ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

6ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

7加水分解ヒアルロン酸

8加水分解コラーゲン

9加水分解シルク

10加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

11加水分解ケラチン(羊毛)

ケラチンタンパクを加水分解して得たケラチンPPT(ポリペプチド)です。毛髪に馴染みやすく、髪の強度を高めるシスチンを豊富に含有します。

12加水分解バオバブエキス

13ユズ果実エキス

14スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

15PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン

透明な化粧水に乳液のようなとろみをつけるほか、肌なじみがよく、ベタつきを抑え、有効成分の経皮吸収性を高める働きを示します。その特徴から、「水性保湿油」とも呼ばれ、処方が容易であるほか高配合時もベタつきません。

16(加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー

(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルクを加水分解テトラエトキシシランと加水分解アルキル(C6-10)トリエトキシシランの縮合物で架橋したもの。

17(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解ダイズタンパク

18ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

19ポリクオタニウム-11

ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体硫酸塩液という名称のカチオンポリマーです。ヘアワックス、ローション、ジェルなどに利用されます。

20ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

21ハチミツ

保湿・吸湿性を持つ滑らかな感触を残す特徴。ビタミン・ミネラル・アミノ酸・抗菌成分など180種類以上の成分を含む美容効果にうれしい成分でもあります。

22ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

23メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。UVAを吸収する働き。

24PPG-6デシルテトラデセス-30

25ポリアクリル酸Na

高吸収性高分子です。紙おむつのアレです。自重の数千倍にも登る吸湿性を持ち、製品の増粘剤としてなどに用いられます。ナトリウムなどの陽イオンが存在すると吸収力がガクンと低下します。

26BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

27孔雀石油抽出物

28エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

29カラメル

30PVP

ポリビニルピロリドンのこと。皮膜形成剤で肌や髪にハリ・コシを与える目的で配合される。ただ、吸湿するとハリが失われやすく、持続性に難あり。

31

32白金

高い抗酸化作用を示す、特に酸化触媒として働く。

33クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

34クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

35フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

36メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

37香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

ストレートコート成分W配合(ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-11)のスタイリング剤 縮毛・クセ毛用ジェルです。彼がいっぱい、なでなでしてくれるストレートヘアに導きます。リッチフルーツの香りです。金・プラチナ・マラカイト・パールエキス配合。しなやかにストレート強力スタイリング。トリプル保湿(3つのヒアルロン酸配合)で、弾力ある髪質に整えます。さらに、紫外線からツヤと潤いを守ります。スタイリング・ブローの効果によるものです。

ジュエル イン ストパリッチの関連商品

ジュエル イン ストパリッチを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。