ジェミールフランメルティバターの解析結果

総合順位

186

総合得点 5点満点

2.18
成分数エキス系特効ダメ
22010
  • ジェミールフランメルティバターの詳細情報
  • ミルボンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5335
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 1728円
  • [1mlあたり] 約 17.28円

ジェミールフランメルティバター解析チャート

ジェミールフランメルティバターの解説

惜しいような気がします。

せっかくユニークで有用な素材も織り込んでいるのに、安い手段に手を出して安全性を低下させてしまっている製品です。

髪にある程度のハリコシや、タッチのユニークな油分を補給したりといった内容で、割と面白い作りでありますが、

手っ取り早い感触改善効果を狙ったカチオン界面活性剤の配合が余計。

全体的に安全性への配慮はあまり意識が高くないな、という印象で、

肌の頑丈さに自信のない人にはお勧めできないタイプです。

ジェミールフランメルティバターの全成分

1

2シクロメチコン

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

5ミネラルオイル

地下資源(石油、石炭、天然ガスなど)由来の炭化水素化合物で、いわゆる鉱物油・流動パラフィンと呼ばれる種類です。ワセリンも同じ鉱物油です。肌へは全く浸透しないため、肌刺激はありません。また、分子間に隙間がほとんどない構造のため、強い光沢感を得ることもできます。また、クレンジングオイルの基剤に用いられることもあり、強い油性でメイクを馴染ませ落とすことも得意です。ヘアケアでは光沢の強い油膜コーティングを施す目的で配合されることがあります。

6ポリアクリレート-13

7(モリンガ油/水添モリンガ油)エステルズ

トランス脂肪酸フリーで弾力性のある保護油膜。ベタつきの少ないユニークな感触が特徴です。

8ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

9カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン(羊毛)

・カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチンは、毛髪内部に浸透、ケラチンタンパクと結合し、洗髪やドライヤーの熱を受けても補修効果を維持する素材。

10スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

11BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

12ポリイソブテン

13イソステアリルアルコール

14ラウリルベタイン

アニオン界面活性剤と併用することで増粘作用を与える。酢酸ベタイン型両性界面活性剤。

15ジセチルジモニウムクロリド

櫛通り改善、ソフトで滑らかな手触りを付与。特にヘアトリートメント処方に適したコンディショニング剤。プロピレングリコールを含有し、水に分散する。

16ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

17ポリソルベート20

モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン。食品添加物に用いられるような乳化剤であるが、やや古い材料で昨今のより機能的な乳化剤と比べるとチョイスが古めかしい感が否めない。

18ジメチコノール

水酸基が末端に結合しているジメチルポリシロキサンです。製品にシリコンを乳化させるために配合される乳化剤として働きます。また、ジメチコンと比べ高い櫛通り性、洗浄耐久性があります。

19AMP

20トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

21香料

香りづけ。

22フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

≪軟毛~普通毛の方に≫クリームタイプの洗い流さないトリートメント。オリーブスクワラン<なめらか成分>がケア。夜のまとまりを記憶して毛先までスルンとする指通りに導きます。ぬれた髪につけるのが大事です。メルティバターがドライヤーの熱で溶け、冷えて固まることでキレイにまとまった状態を記憶します。乾ききる前の、ひと手間で翌日のまとまりが変わります。

ジェミールフランメルティバターの関連商品

ジェミールフランメルティバターを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。