ジャパンヘナシャンプー アルファ の解析結果

総合順位

865

総合得点 5点満点

2.24
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
253300
  • ジャパンヘナシャンプー アルファ の詳細情報
  • ジャパンヘナの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2562
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 2484円
  • [1mlあたり] 約 8.28円

ジャパンヘナシャンプー アルファ 解析チャート

ジャパンヘナシャンプー アルファ の解説

マイルドだが、くせのあるヘンナコーティング。







洗浄剤の質感は悪くありません。

上質なタッチと優しい洗い心地で包まれるようで、きめ細かい泡立ちが特徴となるでしょう。

しかし、このシャンプーの一番の特徴はヘナ。

ヘナカラーなどでご存知の方もいらっしゃるでしょう、草木染めというカテゴリになる素材です。

このヘナは、ヘアマニキュアに近いようなコーティング感を出す素材でもあり、実に存在感ある仕上がりになります。

およそナチュラル感とは程遠いのですが、髪に一定の弾力をもたらす効果もないとは言えないでしょう。



ただし、通常のカラーリングと違い、やや褪せたような色に染まりやすかったり、通常のカラーが染まりづらくなったり、

髪のコントロールが難しくなる傾向があるのです。

これは好みにもよるでしょうが、まだシリコーン類の方がナチュラルな毛に近い仕上がりになりやすいため、

通常はあまりオススメしない素材でもあります。

総合的に見ると、シャンプーとしては平均以上ですが、ヘナの質感に対する好みによる、というシャンプーです。

ジャパンヘナシャンプー アルファ の全成分

1

2ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

3ラウリルグルコシド

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

6ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

7ジステアリン酸グリコール

コストが安いパール化剤。典型的な白色のパール化に用いられる処方が容易な素材。

8ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

9カニナバラ果実エキス

ローズヒップの果実から得たエキスです。抗酸化作用を与えるビタミンを豊富に含みます。

10ラベンダー花エキス

シソ科ラベンダーのエキスです。タンニン、リモネン、リナロールなどを含みます。ラベンダー独特の芳香と、収れん作用、抗菌作用を付与する。

11ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

12ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

13加水分解シルク

14ヘンナ

15トリイソステアリン酸PEG-160ソルビタン

16エチドロン酸

17オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

18ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

19塩化Na

20メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

21フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

22BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

23ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

24銅クロロフィリンNa

植物の葉緑素(クロロフィル)由来の水溶性色素です。きれいな青を着色するほか、優れた防臭作用を持ちます。

25カラメル

販売元による宣伝文

無添加シャンプー。ヘンナ、シルクプロテイン、オーガニック成分をはじめとした保湿成分配合でうるおいを保ちながら毛髪の汚れを落とし、シリコンとは違うヘンナ独特のツヤ・ハリのある髪へと導きます。ノンシリコン・ノンパラベン・無鉱物油・無合成着色剤・無合成着香剤、弱酸性。日本製。

ジャパンヘナシャンプー アルファ の関連商品

ジャパンヘナシャンプー アルファ を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。