ジャパニーズモイストローション ゆずの解析結果

総合順位

123

総合得点 5点満点

2.6
成分数エキス系特効ダメ
361200
  • ジャパニーズモイストローション ゆずの詳細情報
  • ナーセリー / Nurseryの関連商品
  • [JANコード] 4560202021075
  • [商品ID] 6404
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 1728円
  • [1mlあたり] 約 3.46円

ジャパニーズモイストローション ゆず解析チャート

ジャパニーズモイストローション ゆずの解説

うーん、という第一印象。

ぱっと見は温和な整肌ローションですが、



ピーリング要素ありでやや皮膚に負担も

ざっくり言うと、アンチエイジング効果はあまりないが、ちょっとしたリスクならある。



主に植物エキスによる穏やかな整肌作用を目的とした製品ですが、

中にはパパインなど明らかにピーリングを狙った成分もあり。



なので、角質を除去する効果を持つため使う頻度によっては敏感肌になってしまうリスクもあるのです。



それを補う程のメリットがあるかというと少し微妙な印象。





素材は決して悪くはないですし、ピーリング効果も甚大ではないので、すぐに何か危険があるというレベルではないのですが、

それを抜きにしても十分にメリットが多い製品とは言い難いのが残念なところです。



よく言えば皮膚のトーンが明るくなるとか、古い角質を除去できて滑らかになる、という言い方ができますが、

これは結構強引な手法であって、スキンケアにおいて積極的にとるべき手段とはいえません。



ものすごい研磨剤で歯磨きをして歯を白くしましょう、という発想と似たもので、歯が白くなったとしても歯がボロボロになっては元も子もないのです。



パパインのようなピーリング剤は、得てして研磨剤のような仕事を目的として配合されますので、使う頻度、使うべき状態か、といったことをよく考えるべきでしょう。

ジャパニーズモイストローション ゆずの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

5コメ発酵液

6メロン胎座エキス

7カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

8シャクヤク根エキス

芍薬根エキスは抗酸化作用、抗アレルギー作用、収れん作用、脂肪分解作用、免疫増強作用。また、抗AGEs(抗糖化)作用があることもわかった。

9オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

10キハダ樹皮エキス

別名オウバクエキス。優れた抗菌作用を付与します。

11ユズ果実エキス

12サッカロミセス/ムレスズメ根発酵エキス

肌の角質層に浸透し、肌の透明感をアップさせる効果を期待されます。

13ショウガ根茎エキス

・ショウガ根茎エキスはショウキョウと呼ばれ、エラスチン保護、血流改善による肌のハリを保つ効果。

14ユズ種子エキス

15スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

16サンザシエキス

・サンザシエキスはバラ科サンザシの花、葉、実抽出エキス。フラボノイド、ビタミンCを多く含有し、保湿、美白、収れん作用を与えます。

17サクシニルアテロコラーゲン

アレルギーの原因となる成分を除去した安全性の高いコラーゲンです。

18クダモノトケイソウ果実エキス

沖縄産パッションフルーツの果実から抽出したエキス。ルテオリン配糖体など様々なポリフェノール類を含有し、抗酸化作用やエンドセリン-1の合成抑制作用を付与。

19ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

20グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

21ユズ種子油

22デキストリン

23パパイン

24PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

25エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

26クエン酸Na

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

27クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

28リン酸2Na

29リン酸K

30トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

31パルミチン酸アスコルビル

パルミチン酸とビタミンC(アスコルビン酸)のエステルです。ビタミンCは水溶性ですが、この成分は脂溶性のビタミンC、つまり、皮脂になじんで肌に浸透して機能する抗酸化成分となっています。肌に浸透するとパルミチン酸とアスコルビン酸に分解され、ビタミンCとしての機能を肌内部で起動させることができます。

32ペンテト酸5Na

キレート剤。

33フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

34メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

35エチルパラベン

36ユズ果皮油

ビタミンC、リモネン、βカロテン、へスぺリジンなどを含む柚子の皮から採れた精油です。特にヘスペリジンの抗酸化作用や香りが特徴で、毛細血管拡張作用など美肌効果に優れた作用を持ちます。

販売元による宣伝文

エステサロンで生まれた天然国産ゆずのうるおい化粧水
植物が育む、ふっくら・うるおい美肌

Nurseryから誕生、国産ゆずのパワーがギュッと詰まった
ほんのりやさしい香りの大容量保湿化粧水

<人工香料不使用><人工着色料不使用>

◇国産ゆずのパワーをギュッと凝縮
ユズ果実エキス、ユズ種子エキス、ユズ種子油、ユズ果皮油

◇日本人になじみの深い、植物たちの絶妙バランス
カンゾウ※1、シャクヤク※2、サンザシ※3 など

◇話題の酵素+植物性プラセンタ配合で、肌本来の力を。
コメ発酵液、ムレスズメ発酵エキス※4、メロンプラセンタ※5

◇ほんのりやさしい天然ゆずの香り
お肌につけたとき、ふんわりと香る天然国産ゆずのやさしいアロマ。
素肌にふれるものだから、人工香料・人工着色料は使用していません。

◇パシャパシャ使える、大容量サイズ
たっぷり贅沢に使ってほしいから、500mlの大容量サイズ。
お顔はもちろん、ボディケアとしてもご使用いただけます。

ジャパニーズモイストローション ゆずの関連商品


楽天でジャパニーズモイストローション ゆずを買う

ジャパニーズモイストローション ゆずを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。