イプランパフェトリートメントの解析結果

総合順位

1012

総合得点 5点満点

1.95
成分数エキス系特効ダメ
21000
  • イプランパフェトリートメントの詳細情報
  • イプランの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 595
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 1365円
  • [1mlあたり] 約 9.1円

イプランパフェトリートメント解析チャート

イプランパフェトリートメントの解説

コンディションアップよりも清浄作用の方が優れている?

基本的な要素とては、ベタつきにくいさらっとした油分補給、シリコン皮膜といった一般的なリンス剤風の効能に、

わずかに擬似セラミドを加えて保湿感アップ。

しかし、どの要素よりも目立つ点は炭、モロッコ溶岩クレイによる清浄作用でしょう。

多孔質である両者の特徴により、髪や頭皮の汚れを吸着、除去したり、防臭効果があったり、という成分です。



ただし、炭とクレイが配合されているからといって髪と頭皮にやさしいという表現にリンクはしません。

ベースは普通に4級カチオン界面活性剤ベヘントリモニウムクロリドが配合されていますし、

お世辞にも安心して頭皮に塗れるような処方とは思えません。





以上の要素から判断すると、髪にちょっとしたコンディショニング効果や、髪をクリーンにしてくれるような製品をお探しの方向けと言えます。

イプランパフェトリートメントの全成分

1

2パルミチン酸イソプロピル

さっぱりとした感触のエステル油。展延性に優れ、使用感が良い。

3セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

4ぺヘントリモニウムクロリド

5ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

6ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

7イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

8メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

9

10加水分解ケラチン

11エチルパラベン

12プロピルパラペン

13モロッコ溶岩クレイ

14香料

香りづけ。

15乳酸

16BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

17ラウレス-20

18ラウロイルグルタミン酸ジフィトステリル/オクチルドデシル

19ラウレス-2

20ポリオクタニウムー10

21トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

販売元による宣伝文

傷んだ髪やパサつく髪、ヘアカラーをした髪にもよいイプラントリートメントは、ガスール(モロッコ溶岩クレイ)と炭が特徴の髪と頭皮に優しいトリートメントです。トリートメントの基材には、植物由来のものを使用して、表面をコーティングするよりも毛髪内部を補修することに重点を置き、 有機ミネラルやケラチンたん白が、傷んで空洞化してしまった髪に浸透し、ハリとシットリとした質感を与えまとまりのある髪に仕上げます。表面はサラッと中はしっとりと、傷んだ髪の毛や髪の毛を傷めたくない人にもオススメのトリートメントです。

イプランパフェトリートメントの関連商品

イプランパフェトリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。