IOPE(アイオペ) バイオ エッセンス スキン コンディショニング の解析結果

総合順位

117

総合得点 5点満点

2.56
成分数エキス系特効ダメ
23500
  • IOPE(アイオペ) バイオ エッセンス スキン コンディショニング の詳細情報
  • アイオペの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 4844
  • [容量] 168ml
  • [参考価格] 6480円
  • [1mlあたり] 約 38.57円

IOPE(アイオペ) バイオ エッセンス スキン コンディショニング 解析チャート

IOPE(アイオペ) バイオ エッセンス スキン コンディショニング の解説

酵母培養液の保湿力を活かそうという製品。



肌のハリ・潤いを改善し、天然保湿因子のようなナチュラル感ある仕上がりを目指す一品。

さらに、ウンシュウミカンエキス、ノコギリソウエキス、ヒメフウロにサーマス・サーモフィルスといった抗老化成分といえる面々を配合。

積極的に肌の若返りに寄与しようという意図をよく感じ取れる内容です。



肌の代謝促進、潤い成分産生促進といった嬉しい作用が多く、かつ濃密なので期待値の高いものになるといえるでしょう。

お肌を活性化させてターンオーバーを促進させたい、という方に役立つひと品です。

IOPE(アイオペ) バイオ エッセンス スキン コンディショニング の全成分

1サッカロミセス培養液

2ナイアシンアミド

ニコチン酸アミドとも呼ばれる水溶性ビタミンB3のアミドで、皮膚炎、口内炎の予防で用いられるように皮膚の健常性に関与するビタミンBを補給します。

3ウンシュウミカン果皮エキス

・ウンシュウミカン果皮エキスはコラーゲン産生促進、女性ホルモン様作用、血行促進作用、抗アレルギー作用。

4グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

5グリセレス-26

6セイヨウノコギリソウエキス

セイヨウノコギリソウは全草が薬用部分で、その精油はアズレンを含み消炎作用があります。また、収れん作用、老化の原因である活性酸素を抑える抗酸化作用や殺菌、抗男性ホルモン作用を付与。

7エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

8β-グルカン

しいたけなどに代表されるきのこ類に多く含まれ、免疫力を強化し抗癌作用等があると言われています。

9アデノシン

10サッカロミセス培養物

11ビワ葉エキス

殺菌・鎮痛・抗炎症作用を付与する。皮膚の修復作用を期待。また、血流促進作用、抗男性ホルモン作用、髪の成長サイクルを正常化させる作用などがあることがわかっており、育毛効果に期待がかかる。

12ヒメフウロエキス

・ヒメフウロエキスは保湿、コラーゲン保護、抗炎症、抗シワ、皮膚弾力改善作用などを与えるプリンセスケアと呼ばれるエキス。

13サーマスサーモフィルス培養物

深海に生息する好熱性細菌サーマス属微生物から得たエキスで、抗酸化作用や皮膚コンディショニング作用を与える。

14

15ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

16プロパンジオール

炭素数3のグリコールです。異性体にプロピレングリコールがあります。抗菌・保湿剤として用いられ、安全性が高いと言われていますが、実は天然由来を謳うわりにBGやPGとさほど危険性は変わらない可能性があると言われている。

17EDTA

18EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

19ヒドロキシエチルセルロース

20キサンタンガム

微成分により生成される多糖類です。親水性コロイドとして水系の製品の増粘剤として働きます。温度耐性、pH耐性が高い。

21デヒドロ酢酸Na

細菌・真菌類に抗菌作用を示す水溶性成分。

22フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

23ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

販売元による宣伝文

チオレドキシンに着目し、インキュベーティング技術によって肌に近い成分Bio-redox(バイオリドックス)を開発。これを主要成分として93.7%配合しました。酵母の培養液からつくられた酵素液で日ごと丁寧にケアされた肌は、まるで透き通るような、生命感あふれた肌へと導きます。

IOPE(アイオペ) バイオ エッセンス スキン コンディショニング の関連商品

IOPE(アイオペ) バイオ エッセンス スキン コンディショニング を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。