インターロック クリームPPTの解析結果

総合順位

201

総合得点 5点満点

2.08
成分数エキス系特効ダメ
22100
  • インターロック クリームPPTの詳細情報
  • 香栄化学の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 583
  • [容量] 300ml
  • [参考価格] 2625円
  • [1mlあたり] 約 8.75円

インターロック クリームPPT解析チャート

インターロック クリームPPTの解説

潤い系、コラーゲンが主役。

コラーゲンを補給して潤いカバー。これがメインであり、他の要素は取るに足らない程度。

ダメージ部に吸着しやすい機能性コラーゲン誘導体を用いていますので、

平凡なコンディショナーとは少し違いを見せる仕上がり。

インターロック クリームPPTの全成分

1

2セテアリルアルコール

3ココジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5セトリモニウムブロミド

6水添ポリイソブテン

ワセリンやミネラルオイルのように炭化水素化合物でできた鉱物油の一種です。合成スクワランとも呼ばれるように、スクワランや環状シリコーンなどの代替としても使われます。無味無臭無色で、化学的に不活性なため肌刺激はありません。また増粘剤や油性基材とても使われます。

7セラミド-3

8加水分解ケラチン

9シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

10ツバキ油

11グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

12ヘキシルデカノール

13ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

14ジメチルステアラミン

3級カチオン界面活性剤です。四級カチオン界面活性剤と比較して肌にソフトで、環境分解性もよいマイルドなコンディショニング効果を付与します。静電気を除去したり、指通りを改善する効果は少し劣りますが、肌へのデメリットを大幅に軽減できるメリットがあります。

15ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

16ミリスチン酸

ヤシ油、パーム油に多く含まれる炭素数14の飽和脂肪酸。IUPAC系統名はテトラデカン酸。

17アジピン酸ジイソブチル

18水酸化Na

19乳酸

20イソブチルパラベン

21ベニバナ黄

22クララエキス

マメ科クララの根より得たエキス。苦参とも呼ばれる苦味成分が特徴で、発毛・収斂・抗菌・血行促進作用などを期待されます。

販売元による宣伝文

パーマ・ヘアカラー直後には、専用ケアを!髪に薬品を使用するパーマ・ヘアカラー。だから、直後の髪はとても繊細で、しかも定着するまでにはも意外と時間が掛かるもの。パーマ・ヘアカラーが定着するまでの、この期間のお手入れが、パーマ・ヘアカラーの仕上がりの持ちを左右します。だからこそ、ナリッシュシャンプー、クリームPPTという専用ケアで、集中的にお手入れがおすすめ!美容院から帰ってきたばかりのような、キレイなスタイルをより長く保ちます。

インターロック クリームPPTの関連商品

インターロック クリームPPTを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。