イネス ハーバル ジェル クレンズの解析結果

イネス ハーバル ジェル クレンズ

総合順位

1538

総合得点 5点満点

1.73
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
234301
  • イネス ハーバル ジェル クレンズの詳細情報
  • inesの関連商品
  • [JANコード] 4901301367051
  • [商品ID] 7449
  • [容量] 0ml
  • [参考価格] 0円
  • [1mlあたり] 約 NAN円
イネス ハーバル ジェル クレンズ解析チャート

イネス ハーバル ジェル クレンズの解説

ラウレス硫酸系のよくあるシャンプー

ラウレス硫酸アンモニウムベースのシャンプーです。

シャンプーではおなじみの量産型洗浄剤ラウレス硫酸塩、別に何も珍しい要素ないですね。

ジェルクレンズということで、ちょっと液状は違うのかもしれませんが、どこにでもあるラウレス硫酸系シャンプーに違いありません。

しっかり洗える&弱酸性

ラウレス硫酸塩と石鹸を比べると、ラウレス硫酸塩は洗浄力が高いです。

石鹸もしっかり洗えますが、水道水中のミネラル分と結合すると失活して石鹸カスになる、という面があるので、ラウレス硫酸塩は安定性が高く、洗浄を継続しやすいという特徴もあります。

ラウレス硫酸塩は弱酸性に調整できますが、石鹸はアルカリ性です。

そのため、石鹸は単に洗浄力だけでなく、アルカリによる保湿因子の溶出効果もあり、実質的には肌バリアを溶かす効果はかなり高いといえます。

逆に、ラウレス硫酸塩は肌の表面的な洗浄力は高いですが、弱酸性のため無駄に肌バリアを溶かし出す心配がいらないという点が利点です。

使い勝手の良さ、弱酸性という点で、ラウレス硫酸塩のほうが石鹸より優れていると言っていいのではないかと思いますね。

洗顔料としては理想?

それでは、他の洗浄剤と比べてどうでしょうか?

世の中にはアミノ酸系の洗顔料などもありますが、ラウレス硫酸塩タイプと比べるとどうか。

基本的に石鹸並みのさっぱり感を求めるならラウレス硫酸系は合うと思います。

アミノ酸系にも色々ありますが、やはりどちらかといえばしっとり感が特徴となるので、石鹸に近いのはラウレス硫酸系といえます。

逆に、肌バリアを残すことを重視し、潤いをしっかりキープしたいならアミノ酸系です。

整髪料などの汚れの強度にもよりますが、必要とされる洗浄料の洗浄力レベルは、アミノ酸系でも十分ではあるケースがほとんどでしょう。

そういう意味では、乾燥、肌荒れを防止する意味でも、アミノ酸系などのマイルドな洗浄性は魅力といえます。

すっきり感重視で、落としたい汚れの強度が高い場合に、このシャンプーは活躍することになるでしょう。

セイヨウハッカエキス
殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。
エタノール
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
https://www.ishampoo.jp/article/wp-content/uploads/2018/11/ユーカリ.jpg
ユーカリエキス
ラウラミドプロピルベタインのことです。両生界面活性剤できめ細かい泡質であったり、使用感の良さが特徴です。単体で使われるよりは、他の界面活性剤の補助役として配合されることが多いです。
ラウリン酸アミドプロピルベタイン液
キク科カミツレの花エキスです。発汗作用、抗炎症、収斂、血行促進作用などを付与。
カモミラエキス-1
安息香酸塩
ラウレス硫酸アンモニウムです。強い脱脂力、泡立ちが特徴で、やや感触はマイルドながらクレンジング力を発揮する。浸透性は低いので、皮膚刺激性はあまり心配がいらないが、肌の表面を強く洗浄することから、肌の弱い方の継続使用は控えるべき。
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.O.)液

強度の強い洗浄力、ただし弱酸性で石鹸に比べるとマイルド

販売元による宣伝文

頭皮はあなたの顔:顔と頭皮は、一枚の皮膚だから。頭皮にも、顔と同じような特別ケアを。

気になる頭皮のニオイに:頭皮の臭いの元となる、汗・皮脂汚れをすっきり落とします。翌朝・日中まで快適に。ダイレクトに洗えて、すっきり頭皮クレンジングシャンプー。
自宅でセルフ地肌マッサージ:気になるところに直接タッチできる、地肌に届きやすいダイレクトアプリケーションを採用。頭皮をマッサージするようにお使いください。
マイルドディープクレンズ技術:頭皮のニオイの原因となる皮脂汚れにハーバルジェルが入りこみ、素早く浮かせて落とします。ハーバルクリア成分*配合。*カミツレエキス・ユーカリエキス・リンゴ酸(保湿成分)

香り:ゼラニウム&ラベンダーの香り