ヒアロモイスト シャンプー の解析結果

総合順位

1626

総合得点 5点満点

1.43
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
253100
  • ヒアロモイスト シャンプー の詳細情報
  • インターコスメの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2479
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 3024円
  • [1mlあたり] 約 6.05円

ヒアロモイスト シャンプー 解析チャート

ヒアロモイスト シャンプー の解説

低刺激だが、やや退屈な内容。

ココイルグルタミン酸TEAベース、ラウラミドDEAという非イオン界面活性剤、ポリクオタニウム-10ベースで、極めてマイルドであり、

洗浄力は弱め、しっとり感が強い。

真珠コンキオリン、リン脂質、スフィンゴ脂質など、補修や油分補給でバリヤ効果を与える。



ヒアルロン酸も含まれるが、洗っている時のしっとり感は増強するがすすぎでほとんど落ちていく。水溶性のため。



超シットリ系シャンプーということで市販ではわりといい部類に入るだろう。

ただしかなり洗浄感は低いため、好みが分かれる。

絡まりやすい髪の方や、肌が非常に弱い人、乾燥しやすい人向けの商品と言えるだろう。

ヒアロモイスト シャンプー の全成分

1

2ココイルグルタミン酸TEA

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

3ラウラミドDEA

ラウリン酸ジエタノールアミドという構造で、増粘・乳化、泡立ち補助目的で配合される非イオン界面活性剤です。

4ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

5酢酸Na

6塩化Na

7イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

8コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

9メチルパラベンNa

10ペンテト酸5Na

キレート剤。

11加水分解コンキオリン

・加水分解コンキオリンは真珠由来のタンパク質で、うるおい、ツヤ、細胞活性化作用を付与します。

12BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

13メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

14褐藻エキス

褐色の藻、つまり、ワカメや昆布などの藻類から得たエキスです。フコイダンを豊富に含み、それが育毛効果に優れることから育毛系の製品、頭皮ケア系のシャンプーなどに配合されます。

15リン脂質

16スフィンゴ脂質

17エチルパラベン

18プロピルパラベン

19ブチルパラベン

20イソブチルパラベン

21ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

22フェノキエタノール

23水酸化Na

24PEG-20ソルビタンココエート

25香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

美容液と同じヒアルロン酸を贅沢に配合したヘアサロン専売品シャンプーです。アミノ酸ベースのキメ細かなクリームのような泡が髪と頭皮をやさしく洗いあげます。ヒアルロン酸が髪の内側からハリと弾力のある艶髪へと導きます。優雅でやさしいフローラルの香りでリラックスしたバスタイムを。

ヒアロモイスト シャンプー の関連商品

ヒアロモイスト シャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。