がばいよか 馬油クレンジングオイルの解析結果

がばいよか 馬油クレンジングオイルアスティ コスメフリーク事業部メイクをするんとおとす、馬油クレンジングオイルです。クレンジング後のカサつきを防ぎます。濡れた手でも使用できます(お風呂でもOK)。3つの保湿成分(馬油・アルガンオイル・ホホバオイル)配合。

総合順位

37

総合得点 5点満点

3.76
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
200000
洗浄力
3.2
素材 
2.2
安全性
4.6
コスパ 
4.7
環境 
2.9
潤滑性
3.3
頭皮改善 
3.1
ツヤ 
3
持続性
2.2
感触 
3.6
アンチエイジング
2.8
美白
3
洗浄剤
3.7

がばいよか 馬油クレンジングオイルの解説


がばいよか 馬油クレンジングオイルの全成分

1パルミチン酸エチルヘキシル

油性感が少ないさっぱりした感触のエステルオイルです。

2ポリソルベート85

3

4馬油

オレイン酸、パルミトレイン酸などを主成分とする、皮脂の組成に近いオイルです。皮膚馴染み、浸透性が優れ、肌の保護作用があります。

5アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

6ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

7プロテアーゼ

8コメヌカ油

9レモングラス油

10オレイン酸PEG-6ソルビタン

11ポリソルベート80

12オレイン酸ポリグリセリル-2

13シクロヘキサン-1.4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール

14エチルヘキサン酸セチル

水鳥の羽毛脂に似たエステルオイル、特に油性感が少ないさらっとした使用感。

15トリエチルヘキサノイン

酸化安定性に優れ、さっぱりした感触のエステルオイルです。

16グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

17PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

18塩化Na

19BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

20トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

販売元による宣伝文

メイクをするんとおとす、馬油 クレンジングオイルです。クレンジング後のカサつきを防ぎます。濡れた手でも使用できます(お風呂でもOK)。3つの保湿成分(馬油・アルガンオイル・ホホバオイル)配合。

がばいよか 馬油クレンジングオイルの関連商品

がばいよか 馬油クレンジングオイルを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。