モモリ さらりとまとまるヘアミルクの解析結果

総合順位

267

総合得点 5点満点

1.81
成分数エキス系特効ダメ
18110
  • モモリ さらりとまとまるヘアミルクの詳細情報
  • ダリヤの関連商品
  • [JANコード] 4904651186730
  • [商品ID] 7012
  • [容量] 100ml
  • [参考価格] 756円
  • [1mlあたり] 約 7.56円

モモリ さらりとまとまるヘアミルク解析チャート

モモリ さらりとまとまるヘアミルクの解説

全くダメ

肌に悪い、という意味ではかなり悪い部類に入る製品です。

4級カチオン界面活性剤(ステアルトリモニウムクロリド.ベヘントリモニウムクロリド)があからさまに配合されており、通常のコンディショナーを塗ったままにするレベルのリスクがあります。

髪だけにつける、と言っても、髪が肌についたり、汗で流れたりすれば肌に接触しますから、この手の製品に安全性は大前提といえます。



γ-ドコサラクトンのような補修成分があることを差し引いても、PGや4級カチオン界面活性剤のリスクは絶大です。安い製品が悪いということはありませんが、この製品は安いだけの理由があるのです。

サラッとするから良い、ということではなく、洗い流さないと危険な成分が使われているということを認識すべきでしょう。



ステアルトリモニウムクロリド モモリ さらりとまとまるヘアミルク
ステアルトリモニウムクロリド 4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。極めて刺激が強いので、髪にだけつけること。髪ダメージ部に吸着して補修。


ベヘントリモニウムクロリド モモリ さらりとまとまるヘアミルク
ベヘントリモニウムクロリド 4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。極めて刺激が強いので、髪にだけつけること。髪ダメージ部に吸着して補修。しっとり系。


フェノキシエタノール モモリ さらりとまとまるヘアミルク
フェノキシエタノール


モモ果実エキス モモリ さらりとまとまるヘアミルク
モモ果実エキス 肌の肌理を整える保湿作用付与。


ジメチコン モモリ さらりとまとまるヘアミルク
ジメチコン


エタノール モモリ さらりとまとまるヘアミルク
エタノール


グリセリン モモリ さらりとまとまるヘアミルク
グリセリン 吸湿性に優れる保湿剤です。


BG モモリ さらりとまとまるヘアミルク
BG 1,3-ブチレングリコール。抗菌・溶剤、減粘剤、香料として使われます。


EDTA-2Na モモリ さらりとまとまるヘアミルク
EDTA-2Na


トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル モモリ さらりとまとまるヘアミルク
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル


洗い流さないのは危険でしかない



4級カチオン界面活性剤が普通に配合されているアウトバスミルク。

モモリ さらりとまとまるヘアミルクの全成分

1

2PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4ミリスチルアルコール

1-テトラデカノール。乳化安定のために配合されたり、さらっとした感触を付与したいクリーム基材などとして配合。

5BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

6エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

7エチルヘキシルグリセリン

細菌・真菌類の防腐効果がある。

8γ-ドコサラクトン

エルカラクトン。γ-ドコサラクトンとシクロペンタシロキサン+セバシン酸ジエチルの混合では揮発性のハリ・コシ効果がはっきりわかりやすいタイプ。γ-ドコサラクトン+セバシン酸エチルは浸透性のハリ・コシ効果タイプ。γ-ドコサラクトン+トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルはうねり・絡まりを持続的に改善、キューティクルを美しく整える。

9グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

10ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

11トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

12ヒドロキシエチルセルロース

13フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

14ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

15モモ核油

16モモ果実エキス

肌の肌理を整える保湿作用付与。

17EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

18香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

蟠桃エキスと桃オイル配合。やわらかくからみやすい髪もなめらかにさらりとまとまります。


    モモリ さらりとまとまるヘアミルクの関連商品


楽天でモモリ さらりとまとまるヘアミルクを買う

モモリ さらりとまとまるヘアミルクを実際に試してみた。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。