ヘルシンキフォーミュラー スカルプ・シャンプー の解析結果

総合順位
1405
総合得点 5点満点
1.57
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
243210

ヘルシンキフォーミュラー スカルプ・シャンプー の詳細情報

[製造販売元] ヘルシンキフォーミュラー

[商品ID] 2464
[容量]240ml
[参考価格]3888円
[1mlあたり] 約16.2
洗浄力
4.1

素材 

0.3

安全性
3.2

コスパ 

1.2

環境 
2.2

補修力

1.3

ツヤ 

1

感触 

1

育毛

1.1

洗浄剤
2.3

ヘルシンキフォーミュラー スカルプ・シャンプー の解説

ビタミン豊富なサプリメントのようなシャンプー。

良くも悪くもですが。



ビタミンA、B類を配合しており、他にもシルク、葉酸、PABA配合。

PABAはパラアミノ酸安息香酸ですが、いわゆるビタミンB系の成分と言われながら利点がよく分かってない(というかない?)成分と言われています。

ビタミンAに関しては有効性を若干感じますが、その他は感触改善意外に目立った効能は見いだせません。

何しろ、ベースはオレフィン(C14-16)スルホン酸Naでほぼ占めていますから、ビタミンどうこう言う前に洗浄力が圧倒的で肌や髪に良好とはいえません。

それに加え、やはり価格は高すぎ。

値段に見合った効能はほとんど無いと言っても過言ではありません。

ヘルシンキフォーミュラー スカルプ・シャンプー の全成分

1精製水

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ポリソルベート80

7アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

8ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

9酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

10シルク抽出液

11小麦胚芽油

12カミツレエキス

13アロエベラエキス-1

14パルミチン酸レチノール

・パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。ただし、摂り過ぎは副作用の懸念あり。

15ビオチン

ビタミンB7とも呼ばれる水溶性ビタミン。かつてはビタミンHと呼ばれていたが、欠乏することはほとんどないため現在はビタミンとは呼ばれず、ビオチンと呼ばれるようになった。皮膚形成を促進する働きの他、核酸の合成を促し、細胞の生成に関わる補酵素としての役割も。不足すると脱毛・白髪、免疫力低下といった症状が懸念されるが、あまり体内で不足することはない。

16コレカルシフェロール

17葉酸

18リボフラビン

ビタミンB2です。不足すると口内炎などを来します。成長因子のような作用があり、皮膚や頭髪の健康を保つ役割を担います。

19PABA

パラアミノ安息香酸のことです。ビタミンBの一種で、飲む日焼け止めとも呼ばれている成分。皮膚・髪の成長を促進する働きを期待され、白髪・シワ予防効果も。

20メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

21プロピルパラベン

22香料

香りづけ。

23クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

24塩化Na

メーカーの紹介文

育毛はまず頭皮ケアから。とくに男性は汗や皮脂がたまりやすく発毛しにくい頭皮環境になりがちです。このスカルプシャンプーは、頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れをきれいに除去し、頭皮の状態を良い状態に維持するヘルシンキ・フォーミュラ独自の頭皮ケアシャンプーです。

ヘルシンキフォーミュラー スカルプ・シャンプー の関連商品

ヘルシンキフォーミュラー スカルプ・シャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。