ヘルシンキ フォーミュラBシャンプーハーバルミスト の解析結果

総合順位

1736

総合得点 5点満点

1.28
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
293600

ヘルシンキ フォーミュラBシャンプーハーバルミスト 解析チャート

ヘルシンキ フォーミュラBシャンプーハーバルミスト の解説

並の5つ星シャンプーより高額な値付けで、何を以てこの強気の設定なのか謎ですが

中身を見てますます深まるばかりの謎。



このシャンプーのベースはオレフィン(C14-16)スルホン酸Naですから、そこら辺で売っている安物の品と代わり映えしません。

であるなら、脇役によほど切れ者を携えているのかと思いきや、

どう役に立てるのかわからないような水溶性のビタミンや、どこにでも配合されてるようなエキスが少々。

アラントインのような抗炎症成分を入れる決断をする前にベースの選択肢を再考すべきではないか。

これで5000円近い値付けを設定するのですから、見上げた自信家の作品のように見受けられますが、

誰かに勧めたくなるようなものではありません。

ヘルシンキ フォーミュラBシャンプーハーバルミスト の全成分

1精製水

2オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ラウレス硫酸ナトリウムなどと同等以上の脱脂力を持ち、起泡力も強い。仕上がりは典型的なさっぱり系で、コンディショニング作用はほとんど期待できずクレンジング目的・泡立ち増強の目的で配合される。

3コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

4コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

5ポリソルベート80

6パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

7グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

8アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

9アーモンド油

オレイン酸リッチなトリグリセライド。エモリエント効果。

10ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

11オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

12酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

13アロエベラエキス-1

14カミツレエキス

15ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

16ブドウ種子エキス

17トクサエキス

18ノコギリヤシエキス

19ビオチン

ビタミンB7とも呼ばれる水溶性ビタミン。かつてはビタミンHと呼ばれていたが、欠乏することはほとんどないため現在はビタミンとは呼ばれず、ビオチンと呼ばれるようになった。皮膚形成を促進する働きの他、核酸の合成を促し、細胞の生成に関わる補酵素としての役割も。不足すると脱毛・白髪、免疫力低下といった症状が懸念されるが、あまり体内で不足することはない。

20リボフラビン

ビタミンB2です。不足すると口内炎などを来します。成長因子のような作用があり、皮膚や頭髪の健康を保つ役割を担います。

21葉酸

ビタミンB12を含み、肌のターンオーバーを正常化させるのに役立ちます。

22ビタミンA

23ビタミンD

24PABA

パラアミノ安息香酸のことです。ビタミンBの一種で、飲む日焼け止めとも呼ばれている成分。皮膚・髪の成長を促進する働きを期待され、白髪・シワ予防効果も。

25メチルクロロイソチアゾリノン

26メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

27香料

香りづけ。

28クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

29塩化Na

販売元による宣伝文

1本で手軽にスカルプケアができる乳化剤配合シャンプーです。髪が気になりだした方や先々の予防として頭皮環境を整えたい方におすすめ。濃縮タイプなので、ティースプーン1杯ほどの量で2度洗いが基本。毛穴に詰まった余分な皮脂や汚れを取り除きます。

ヘルシンキ フォーミュラBシャンプーハーバルミスト の関連商品

ヘルシンキ フォーミュラBシャンプーハーバルミスト を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。