ハーティハート ティートリーシャンプー の解析結果

総合順位

64

総合得点 5点満点

3.97
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
254720
  • ハーティハート ティートリーシャンプー の詳細情報
  • 株式会社イノチの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2462
  • [容量] 260ml
  • [参考価格] 2484円
  • [1mlあたり] 約 9.55円

ハーティハート ティートリーシャンプー 解析チャート

ハーティハート ティートリーシャンプー の解説

石鹸のようなさっぱり系でありながら低刺激処方のシャンプー。

抗炎症エキスといい、洗浄剤もとても低刺激でさっぱり洗い上げる好感度の高い設計です。

だからこそ、わずかながらカチオン界面活性剤を入れなくても十分いいのになぁ、と思ってしまいます。ステアラミドプロピルジメチルアミンいるかなぁ?ベースの洗浄剤だけでもコンディショニング効果を感じられるものですし、このシャンプーの方向性は明らかにスキャルプケアと見たのですが、

髪にもリンス効果を・・なんていう色気を出してしまった処方が最後に見られます。

低刺激成分ではあるのですが、方法はもっと色々あった中でそれか・・と思わせる一手です。

惜しい、そして、改良の余地が色々とあって期待したい一品です。

ハーティハート ティートリーシャンプー の全成分

1

2ラウレス-3酢酸Na

酸性石けんと呼ばれ、石けんに似た洗浄性を持つ。石けんと違い、酸性でも機能を失わない。刺激性が低く、さっぱりした洗い上がり。

3ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

4ココイルメチルタウリンNa

アミノ酸型洗浄剤の中でもバランスの良さはトップクラス。適度な洗浄性、泡立ちの安定性、低刺激、コンディショニング効果や、ベタつきの少なさなど、シャンプーとして使われる場面では優秀な使用感を提供する。

5コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

6カプリル酸グリセリル

・カプリル酸グリセリル、これだけで防腐剤として使われたりもしますが、単独ではやや弱いので配合量が多くなったりする可能性も。

7ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

8BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

9ケープアロエエキス

10ハマメリスエキス

ハマメリスエキスは収れん作用により毛穴を引き締め、皮脂の抑制などに寄与します。また、毛細血管強化、抗炎症作用も。

11ローズマリーエキス

シソ科常緑樹ローズマリーの葉から得たエキスです。精油としてもおなじみですが、フラボノイド、タンニン、フラボノイド類などを含みます。抗菌作用・抗炎症作用・収れん作用を付与します。

12スギナエキス

とても根が深く伸びる杉菜のエキス。収斂・抗菌・抗炎症作用を付与します。

13カミツレエキス

14シコンエキス

ムラサキ科のムラサキという多年草木の根から得た成分で、 シコニン、アセチルシコニン、アラントインなどの新陳代謝・抗炎症系成分が含まれている。また、抗菌作用、皮膚細胞賦活作用、育毛効果、血行促進作用を付与する効果的な成分です。

15甘草エキス

16ティートリー油

17ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

18ホホバ油

ホホバはアメリカ・メキシコ原産の常緑低木。その種子より得られたオイルです。マッサージオイル・各種キャリアオイルとして、またシャンプー、トリートメントなどに配合され潤いを髪・肌に与えます。

19トコフェロール,アスパラギン酸

20クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

21ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

22ステアラミドエチルジエチルアミン

3級カチオン界面活性剤。比較的低刺激タイプのリンス剤で、ダメージした髪表面を一時的に、選択的に整え、コンディショニング効果を持たせるための土台を作ります。4級カチオン界面活性剤に比べ低刺激ですが、コンディショニング作用は低めになります。

23トリオクタノイン

24セテス-6

25エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

販売元による宣伝文

制菌作用とデオドランド効果のあるティートリーをはじめ9種類の植物エキスを配合しました。香りがよく、使うほどに髪が美しくなります。弱酸性タイプで、2度洗いするとよりシットリします。

ハーティハート ティートリーシャンプー の関連商品

ハーティハート ティートリーシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。