HC+Pro エイチシープラスプロファインスカルプシャンプー の解析結果

総合順位
655
総合得点 5点満点
2.56
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
282300

HC+Pro エイチシープラスプロファインスカルプシャンプー の詳細情報

[製造販売元] ナッシュ

[商品ID] 2460
[容量]250ml
[参考価格]2700円
[1mlあたり] 約10.8
洗浄力
2.7

素材 

1.7

安全性
4.1
コスパ 
3
環境 
2.8

補修力

1.7

ツヤ 

1.4

感触 

1.6

育毛

1.4

洗浄剤
3.7

HC+Pro エイチシープラスプロファインスカルプシャンプー の解説

アミノ酸系で、一見マイルドなようで実はそうでもないタイプ。

アミノ酸系の中でも最悪なものと言ってもいい洗浄剤を先頭に、他の成分も充分に質の高いものとは言えません。ベースの洗浄剤は最悪ではないものの、平均より肌にいいものではなく、どちらかと言うと避けたいタイプの設計です。ぱっと見ではオーガニック系の作りなのかな、と思わせる内容ですが、

成分個々の質は高いとはいえず、

どちらかと言うと優秀なオーガニック系シャンプーの低質なコピー商品という印象さえある内容。

使用感はさっぱりで、仕上がりもアラビアゴムの影響でさっぱりした感触になりますが、

頭皮にやさしいタイプではありません。

あまりオススメ度の高くない一品です。

HC+Pro エイチシープラスプロファインスカルプシャンプー の全成分

1

2ラウロイルサンコシンNa

3ココベタイン

4乳酸

5ヤシ油アルキルグルコシド

6オレイン酸グリセリル

7ヒマワリ種子アンホ酢酸Na

8カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

9アロエベラ液汁

10アスコルビン酸Ca

11イチョウ葉エキス

フラボノイドとギンコライドを主成分とし、血流促進効果を期待されます。

12ビオチン

ビタミンB7とも呼ばれる水溶性ビタミン。かつてはビタミンHと呼ばれていたが、欠乏することはほとんどないため現在はビタミンとは呼ばれず、ビオチンと呼ばれるようになった。皮膚形成を促進する働きの他、核酸の合成を促し、細胞の生成に関わる補酵素としての役割も。不足すると脱毛・白髪、免疫力低下といった症状が懸念されるが、あまり体内で不足することはない。

13乳酸桿菌発酵液

14乳酸菌培養物

15キクニガナ根エキス

16アカシアセネガルガムエキス

17ナイアシン

18ジサクシノイルシスチン4Na

19リシンHCI

リシンの塩酸塩。天然のリジンと同じ構造で、必須アミノ酸。皮膚に柔軟性を与えます。

20グルタミン

21グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

22ソルビトール

23水酸化Na

24ベンジルアルコール

芳香族アルコールの一種で、空気中で酸化されると安息香酸になる。各種溶剤としてや芳香性の良さから殺菌剤としても用いられる。 エステル化するとイランイランやジャスミンなどの香りの元となる酢酸ベンジルなどを作ることが可能。

25デヒドロ酢酸

26エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

27硫酸亜鉛

・肌の引き締め成分として硫酸亜鉛を添加しています。

28香料(エキゾチックフルーツ)

メーカーの紹介文

複数の活性成分が集中的に頭皮に作用します。プロバイオテックミルク酵素、オーガニックアロエベラジェル、イチョウ葉エキス、カモミールなどの活性成分を贅沢に配合した、スカルプケアシャンプーです。頭皮を総合的にお手入れするため複数の活性成分が集中的に頭皮に作用します。

HC+Pro エイチシープラスプロファインスカルプシャンプー の関連商品

HC+Pro エイチシープラスプロファインスカルプシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。