HAKU メラノフォーカスV (医薬部外品)薬用美白美容液

総合順位

241

総合得点 5点満点

1.96
成分数エキス系特効ダメ
41500
  • HAKU メラノフォーカスV (医薬部外品)薬用美白美容液の詳細情報
  • 資生堂の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 6689
  • [容量] 45ml
  • [参考価格] 10800円
  • [1mlあたり] 約 240円
HAKU メラノフォーカスV (医薬部外品)薬用美白美容液解析チャート

HAKU メラノフォーカスV (医薬部外品)薬用美白美容液の解説

資生堂特許系美白剤です。

美白作用に関してはかなり本気度が伝わってくる製品です。

概ね安全性は問題がないように見える内容となっていますが、一点だけカチオン陽イオン界面活性剤の配合があるんですね。

肌への密着度を高めるためか、あるいはピーリング作用のようなものを狙っているのか。

いずれにせよ、この部分だけは洗い流さない製品ということもあり、安全性が少し疑問視されます。

幸いこの陽イオン界面活性剤は3級という部類に入るので、直ちに肌の危険性が生じるということはないです。

塗ったまま長時間おいたり繰り返し使うことによって何らかのリスクが生じる可能性があるということです。

それ以外の部分では美白作用としてはお馴染みとなるトラネキサム酸やビタミン C 誘導体植物エキスなどの組み合わせによって、全体的なベクトルが美白効果に向いている、まさに美白美容液と言える内容ではないかと思います。

高い保湿作用があり、かつベタベタしにくいということも特徴のひとつですね。



ほとんど美白効果を期待して購入されるケースが多いと思いますが、その点については十分に期待が持てそうです。

ただしそれ以外の部分(美容効果)については値段ほどのクオリティを持つとは言い難いものがあります。

例えば肌本来の保湿因子コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進するというような芸当はありませんし、

保湿効果自体も一級品でもなければそれほど持続性があるわけでもなく浸透性もさほどないように見られます



なので、ピンポイントに美白作用さえ高ければ何もいらないと言うほど美白効果を狙って買われるのであれば OK です。

それ以外であれば少し選択肢を広げて考えた方がいいかもしれません。

きました、4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)メインの美白美容液です。



資生堂が特許を持つ、サリチル酸誘導体ですね。



しかし、カチオン界面活性剤が配合されているぞ・・

販売元による宣伝文

根本原因を整えシミの生成連鎖を抑止し、美白します。 美白有効成分4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)、m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)配合。 なめらかな美容液が、ピタッと密着し、美白有効成分を肌のすみずみまで行きわたらせます。乾燥や肌荒れを防ぎます。明るく澄んだ、生まれたての透けるような肌へ。 ※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

資生堂【HAKU】メラノフォーカスV  45g
価格:8964円(税込、送料別) (2018/7/12時点)


HAKU メラノフォーカスV (医薬部外品)薬用美白美容液の解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。