(髪質改善研究所)ISL ストレートシャンプー の解析結果

総合順位

1664

総合得点 5点満点

1.38
  • 販売元株式会社 石澤研究所
  • 英名ISHIZAWA LABORATORIES
  • 郵便番号〒1500001
  • 住所:東京都渋谷区神宮前4-4-9 フラッツ表参道
  • 電話番号0120491430
  • メール
  • web公式サイト
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
223010
  • (髪質改善研究所)ISL ストレートシャンプー の詳細情報
  • 石澤研究所の関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2552
  • [容量] 310ml
  • [参考価格] 1944円
  • [1mlあたり] 約 6.27円

(髪質改善研究所)ISL ストレートシャンプー 解析チャート

(髪質改善研究所)ISL ストレートシャンプー の解説

石鹸+カチオン界面活性剤、なんじゃこれ。

結論から言うと、NGです。

亜硫酸Naというサルファイトと言われるカーリング成分が配合されています。

一般的なパーマ液の成分ではなく、化粧品という扱いのカーリング成分です。

簡単に言うと、非常に作用が弱いのです。

これは、かなりダメージのひどい髪に対して、それ以上ダメージを与えないように優しくカールをかけたい時に主に使われます。

ですので、一般的なくせ毛の方の髪をまっすぐにする等という強力なパワーはありません。



さらに悪いことに、カチオン界面活性剤とアモジメチコンが配合。

カチオン界面活性剤は肌に刺激になりやすく、吸着して残りやすいので痒みが生じる可能性が高い成分です。

アモジメチコンも、残留と堆積しやすい成分ですのでシャンプーへの配合はあまりおすすめできません。

ベースは非常に洗浄力が低く、マイルドであるのですが、

シャンプーとしての機能が低い上に肌に悪く、ストレートにもならないなら

何のために使えばよいのかわかりませんね。

(髪質改善研究所)ISL ストレートシャンプー の全成分

1

2ヤシ脂肪酸TEA

・ヤシ脂肪酸TEAはヤシ油とアルカリによる石鹸成分であり、乳化剤としても添加されます。
使用感は良くても、石鹸という観点から感心できる配合とはいえません。

3コカミドDEA

コカミドDEAのこと。粘度調整など洗浄剤の補助としての役回りが多い。発がん性を懸念する声も出た成分ですが、かなりレアな他の成分との混合を高濃度で起こさない限りその心配はない。例えば、亜硝酸塩とコカミドDEAを高濃度で混ぜ合わせるなど。通常のシャンプーの中でそのようなことが起きることはないので、この成分を避けるというのは理に適わない。

4ラウラミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。主洗浄剤の泡立ち、粘度を調整したり、コンディショニング効果を与える作用があります。きめ細かい泡質。単体では使われることは少なく、補助洗浄剤として用いられます。

5PCAイソステアリン酸PEg-40水添ヒマシ油

ピログルタミン酸イソステアリン酸ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油です。可溶化性能が高いアミノ酸系界面活性剤。

6ラウレス-3酢酸Na

酸性石けんと呼ばれ、石けんに似た洗浄性を持つ。石けんと違い、酸性でも機能を失わない。刺激性が低く、さっぱりした洗い上がり。

7フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

8グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

9ジステアリン酸PEg-150

親水性の増粘剤です。

10ポリクオタニウム-10

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロースと呼ばれる素材。植物セルロース由来の成分で、カチオン性でありダメージの保護、コーティング効果、保湿性を付与します。

11アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

12EDTA-4Na

エデト酸四ナトリウム。金属イオンのマスキング、キレート作用を目的に配合されます。製品安定剤として用いられますが、やや刺激性の面でリスクがあり、安全性を重視した製品では採用されにくいタイプです。

13メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

14ラベンダー油

シソ科ラベンダーの葉茎から得られるオイルです。鎮痛・リラックス効果・抗炎症・抗菌作用などを付与します。ただし、酸化により接触アレルギーを起こす可能性もある。

15亜硫酸Na

16エチルパラベン

17ブチルパラベン

18プロピルパラベン

19メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

20ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

21ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

22ノノキシノール-10

販売元による宣伝文

くせが気になる髪を、徐々に素直なストレートヘアに整えていくシャンプーです。ストレートパーマのしくみは、1液の成分がねじれて結合している髪繊維のシスチン結合を切断、2液の成分がストレート状態で再結合して、直毛状態を定着するというものです。本品は、ストレートパーマの1液と同じ働きをもつ成分を配合。ストレートパーマの2液と同じ成分配合の「髪質改善 ストレートトリートメント」とあわせてお使いいただくと、髪のくせを抑えてサラサラ真っ直ぐな髪に仕上がります。頭皮にやさしい石けんベース。

(髪質改善研究所)ISL ストレートシャンプー の関連商品

(髪質改善研究所)ISL ストレートシャンプー を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。