ヘアリラクシス 4の解析結果

総合順位

1447

総合得点 5点満点

1.69
成分数エキス系特効ダメ
20100
  • ヘアリラクシス 4の詳細情報
  • ピアセラボの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 491
  • [容量] 150ml
  • [参考価格] 1400円
  • [1mlあたり] 約 9.33円
素材 
0.1
安全性
3.3
コスパ 
1.6

環境 

1.8

補修力
2.5
潤滑性
2.6
頭皮改善 
1
ツヤ 
2.3
持続性
2.6
感触 
2.5

ヘアリラクシス 4の解説

一般的なリンス(安売りのもの)よりも手応えのない内容。

これといった工夫もなく、ただ値段が高いだけの100均並クオリティ。

これでは満足させることなど到底ムリでしょう。

総合すると、

ほんの一時的なさらっとした感触改善のみ。ほとんど見どころなく、買うだけ無駄というレベルの凡作。

作り手側からしても、売れたらラッキーくらいにしか思っていないのではないでしょうか。

平凡で退屈、またはそれ以下の一品です。

ヘアリラクシス 4の全成分

1

2セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

3ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

4アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

5ステアルトリモニウムクロリド

4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。タンパク変性作用が強いため、皮膚には付けるべきではありません。髪のダメージ部に吸着し、疎水性を改善させます。

6加水分解ケラチン

7加水分解シルク

8モモ果汁

9モモ葉エキス

成分としてタンニン、フェノール、アミノ酸、フラボノイド、ニトリル配糖体を含んでいます。保湿作用、抗炎症(抗アレルギー)作用、抗酸化(過酸化物抑制)作用、刺激緩和作用、抗菌作用がある。

10ステアリン酸グリセリル

11セテス-20

12PEG-7M

13ジココジモニウムクロリド

四級カチオン界面活性剤。やや刺激性はソフト寄りだが、肌に直接つけることは好ましくない素材。髪に対してコンディショニング効果を速やかに与える。ダメージ部に選択的に吸着し、髪の疎水性を上昇させダメージの進行を抑制する効果。

14ラウレス-25

15ポリクオタニウム-7

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液で、コンディショニング効果を付与する他に泡質をきめ細かく増加させる機能があります。

16BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

17グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

18メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

19プロピルパラベン

20香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

柔らかな手触りとなめらかな指通りで髪をいたわるトリートメントです。保護成分(ケラチンPPT)と保湿成分(シルクPPT)がダメージ部に働きかけ、髪にしなやかさと自然なツヤを与えます。ご家庭でもなめらかな心地良い指通りが持続します。モモの成分(モモ果汁・モモ葉エキス)が髪にみずみずしいうるおいを与え柔らかでツヤのある髪に整えます。

ヘアリラクシス 4の関連商品

ヘアリラクシス 4を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。