ヘアデザインワックス ナチュラルハードの解析結果

総合順位

55

総合得点 5点満点

2.44
  • 販売元株式会社ディーエイチシー
  • 英名DHC Corporation
  • 郵便番号〒1068571
  • 住所:東京都港区南麻布2丁目7番1号
  • 電話番号0334575311
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
28011
  • ヘアデザインワックス ナチュラルハードの詳細情報
  • DHCの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3269
  • [容量] 50ml
  • [参考価格] 550円
  • [1mlあたり] 約 11円

ヘアデザインワックス ナチュラルハード解析チャート

ヘアデザインワックス ナチュラルハードの解説

肌への安全性は特に問題ないワックスで、ロウをはじめ油性基剤はまずまずの質。

ペリセアの配合でオプショナルな補修効果などを期待できる可能性も。

全体としては、

まずまず、シンプルでマイルドなワックス剤と言えます。

肌刺激が少ないということが、まずメリットであり、使用感も決して悪いものとはならないでしょう。

ツヤ感と適度なホールド力がメインのワックスです。



驚くような添加剤があるわけではありませんが、ワックスとして充分に仕事をする一品といえます。

ヘアデザインワックス ナチュラルハードの全成分

1

2マイクロクリスタリンワックス

ワセリンから抽出分離した固形成分で、石油由来の炭化水素です。化学安定性が高く、肌に浸透しないため皮膚刺激性がほとんどありません。延びがよく、ワックスタイプの粘性のある素材として重宝される。

3キャンデリラロウ

主にアメリカ、メキシコの砂漠地帯に生えているタカトウダイ草から得られる天然の植物ロウです。ワックスなどに適した硬さや光沢感を得られる。

4シクロペンタシロキサン

環状シリコーンであり、揮発性を有する。蒸発すると皮膜が形成されるタイプで、さらっとした軽い感触を残す性質がある。

5ステアリン酸

6ポリソルベート60

7ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンです。他の油剤との相溶性に優れ、艶を与えるオイルです。

8ワセリン

英語ではpetroleum jelly。ずばり、石油ゼリーです。正しくは、石油由来の炭化水素類を脱色精製したもの。石油由来とはいえ、全く肌に浸透せず、化学的に不活性なので全く皮膚刺激はない。特徴としては油剤そのものなので、がっちりと油のフタをするイメージです。肌の内部から水分が蒸発するのを防ぐことや、外部からの刺激を遮断するなどの役割があります。難点としては、単独では非常に油らしいベタつき感があるため、ベトベトした感触が向かない場面もあるかと思います。

9セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

10ステアリン酸グリセリル

11BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

12ステアリン酸ソルビタン

13エチルヘキサン酸セチル

水鳥の羽毛脂に似たエステルオイル、特に油性感が少ないさらっとした使用感。

14海水

15ロイシン

16フェニルアラニン

17ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

世界初ジェミニ型(双子型)両親媒性物質・通称ペリセア。洗浄剤の刺激緩和のほか、髪のコーティング、有効成分の浸透補助、髪の強度アップなど多岐にわたる効果を発揮。毛髪内部に極めて短時間(約1分!)で浸透しダメージ修復。肌のキメを整える美肌効果も。

18フェルラ酸

大豆油などから得られる成分で、バイオベースの紫外線吸収剤・抗酸化剤として使われる。

19PEG-50水添ヒマシ油

アルコール少ない系で可溶化剤として使われます。

20ポリクオタニウム-11

ビニルピロリドン・N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸共重合体硫酸塩液という名称のカチオンポリマーです。ヘアワックス、ローション、ジェルなどに利用されます。

21(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー

水に素早く分散するアクリル酸系の増粘剤。製品中では、乳化安定、親水性増粘などの目的で配合されます。耐塩性にも優れ、水に混ぜるだけで膨潤。透明処方にも適します。

22PPG-2メチル

23エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

24フェネチルアルコール

25TEA

トリエタノールアミンです。主にアルカリ剤として使われますが、この成分単独では発がん性物質を誘発する懸念があると言われたことがあったため、日本製の製品ではあまり登場しない成分です。ただし、発がん性に関しては通常の利用場面では起こりづらいケースであり、この成分が即NGとは言い切れないが、より安全性を高めた素材がチョイスされることに関しては歓迎であろう。

26メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

27フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

28香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●ロング系の髪にふんわりとした空気感をもたせるスタイリングにおすすめ!ライトポリマー配合で、つぶれやヘタリにも強く、立体感のあるニュアンスヘアが長時間持続します。●毛髪補修成分:疎水性アミノ酸アミノ酸の中での毛髪浸透性の高い成分●UVダメージケア:フェルラ酸米ぬか由来の天然紫外線吸収剤●うるおい成分:海洋深層水優れた水分保持力でパサつきを防止●おすすめの髪の長さミディアム、ミディアムロング、ロング

ヘアデザインワックス ナチュラルハードの関連商品

ヘアデザインワックス ナチュラルハードを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。