グッド クリームバスエマルジョン キャロットの解析結果

総合順位

298

総合得点 5点満点

1.26
成分数エキス系特効ダメ
19101
  • グッド クリームバスエマルジョン キャロットの詳細情報
  • ナジャペレーネの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 449
  • [容量] 120ml
  • [参考価格] 479円
  • [1mlあたり] 約 3.99円

グッド クリームバスエマルジョン キャロット解析チャート

グッド クリームバスエマルジョン キャロットの解説

名前にあるように、キャロットエキスがメインのトリートメントのようですが、

それ以外は抱水作用のラノリンをはじめ、油性成分がちらほら程度。

全体としても、これはかなり程度の低い内容とみていいでしょう。

油を塗った感じの滑らかさは感じますが、髪を補修したり、持続的な滑らかさがあるわけでもなく、

すすいだらほとんど流れ落ちるようなもの。

市販のよくあるような製品よりも効きが悪く、肌に優しいわけでもない、

これといって印象にも残らないようなものです。

グッド クリームバスエマルジョン キャロットの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

4ラノリン

洗い流さない製品では特にアレルギー・接触性皮膚炎を懸念される成分。保湿性が特徴。

5セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

6セテアレス-20

7ステアリン酸

8オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

9ニンジン根エキスリノール酸Na

10グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

11PEG-7グリセリルココエート

・ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルを添加。仕上がりに潤滑性を少し加える狙い。

12プロピルパラベン

13メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

14BHT

ジブチルヒドロキシトルエン。脂溶性フェノールであり、酸化防止剤として化粧品では使われる。変異原性、催奇性を疑われており、食品などでは使用を自粛している会社もある。

15パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

16ベンジルアルコールメチルクロロイソチアゾリノン

17メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

18香料

香りづけ。

19黄4

販売元による宣伝文

パサつく髪に潤いを与えるトリートメントです。バリ島伝統のスカルプエステ「クリームバス」に使われる頭皮と髪のためのトリートメント。頭皮と髪の傷みを集中して補い、コンディションを整えます。細く・コシのない髪用。

グッド クリームバスエマルジョン キャロットの関連商品

グッド クリームバスエマルジョン キャロットを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。