ジェントルケア コンディショナー しっとりの解析結果

総合順位
1312
総合得点 5点満点
1.75
成分数エキス系特効ダメ
14000

ジェントルケア コンディショナー しっとりの詳細情報

[製造販売元] ウエラ

[商品ID] 633
[容量]350ml
[参考価格]1050円
[1mlあたり] 約3

素材 

1

安全性
3
コスパ 
2
環境 
2.8
補修力
2.6

ツヤ 

1.9

感触 
2.8

ジェントルケア コンディショナー しっとりの解説

ジェントルケアのしっとりバージョンですが、

こちらはシリコン配合がぐっと増えています。

次いで羊ケラチンはしっとり効果が高い被膜剤。

クレアチンのしっとり効果も見逃せません。ベタインもしっとりです。

名前のとおりしっとり感を感じさせる内容になっています。

ただ持続性に関してはやはり難アリか。

ジェントルケア コンディショナー しっとりの全成分

1

2セテアリルアルコール

3BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

4フェニルプロピルジメチルシロキシケイ酸

5クレアチン

アミノ酸の一種で、皮膚細胞活性化剤を付与。

6加水分解ケラチン

7クエン酸

pH調整剤。酸性寄りに調整させるために用いられる。

8コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

9セトリモニウムクロリド

万能で安定したコンディショニング剤・4級カチオン界面活性剤である。水に分散し、櫛通り改善効果。

10乳酸セチル

11イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

12プロピルパラベン

13メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

14香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

髪1本1本をコートし、なめらかな手ざわりに仕上げる、しっとりタイプのコンディショナーリンスです。アミノ酸「クレアチン」と「Hケラチン」の2つの成分配合により、ダメージヘアを補修し、すこやかな髪へと導きます。うるおい処方で、ダメージヘアにうるおいを与え、しっとりとした極上な髪に仕上げます。香りは心地良いフローラルフルーティグリーン。ハッとするくらい、しっとりなめらかな、まとまりやすい髪へと導きます。

ジェントルケア コンディショナー しっとりの関連商品

ジェントルケア コンディショナー しっとりを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。