フルビックナチュラル トリートメントの解析結果

総合順位

784

総合得点 5点満点

2.08
成分数エキス系特効ダメ
37100
  • フルビックナチュラル トリートメントの詳細情報
  • カタセの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 425
  • [容量] 1000ml
  • [参考価格] 1980円
  • [1mlあたり] 約 1.98円

フルビックナチュラル トリートメント解析チャート

フルビックナチュラル トリートメントの解説

即効性なく手応えの薄いタイプですが



じわじわと効いてくる、とも言える効果を内包しています。

ダイマージリノール酸ダイマージリノレイルや18-MEAと呼ばれる分岐脂肪酸C14-28,脂肪酸C14-28を含み、アミノ酸の保湿性も含めじわじわと、使うたびに良質な効果を上書きしていくようなイメージ。





効果は薄いが素材は良い



残念ながら、良い素材を

内包しているわりに、機能性に乏しく、効率的に髪をリペアさせたり、ということは得意ではありません。

とにかく粘り強く日に日に薄い効果を上書きさせていくことで結果を出していくタイプ、ともいえるでしょう。

積極的にオススメするほどのメリットはありません。

フルビックナチュラル トリートメントの全成分

1

2ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

3セタノール

コンディショナーなどのベース油剤として頻出。セチルアルコール、パルミチルアルコール とも呼ばれる。飽和脂肪酸なので酸化しづらく、安定性の高い油分ベースを構築可能。

4オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

5グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

6ステアラミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤です。一般的な陽イオン界面活性剤よりも肌刺激がソフトです。ただし、ダメージ修復能力は弱いです。サラサラ仕上げ。ボリューム感を付与する効果も。

7マルチトール

8フムスエキス

9脂肪酸(C14-28)

10分岐脂肪酸(C14-28)

18-MEAを構成する脂肪酸。

11スクワラン

肌本来の保護油としても知られています。汗などの水分と混ざることで皮脂膜を形成し、肌や髪を保湿、保護、潤滑させる作用があります。

12乳酸Na

13PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

14アルギニン

15PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

16アスパラギン酸

17グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

18アラニン

19セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

20バリン

21イソロイシン

22トレオニン

23プロリン

24ヒスチジン

25フェニルアラニン

26ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル

光沢性、エモリエント性、酸化安定性、特に抱水性にすぐれた植物由来のダイマージオールエステル。

27ツバキ油

28水添ナタネ油アルコール

29トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

30エチドロン酸

31ベヘニルアルコール

皮膚刺激が少なく、粘度変化が少ないエマルションを形成する。

32乳酸

33トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル

低粘性のエステルオイルで、ベタつきがなく非常に延びのよい軽いタッチが特徴。酸化安定性にも優れており、化粧品などのベースオイルとして使われています。

34ステアロキシプロピルトリモニウムクロリド

持続性が高いタイプの4級カチオン界面活性剤です。髪のダメージ部をより持続的にカバーしますが、その分肌への負担も大きめであることを考慮しましょう。

35香料

香りづけ。

36フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

37メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

販売元による宣伝文

自然のサイクルがつくりだした、フルボ酸エキス(フムスエキス)には、生命のエネルギーがたくさん含まれています。また、マイナスイオンの発生源とも言われています。ミネラル・アミノ酸・ビタミン・酵素などがキレート状(結合)となり、髪はもちろん肌にも本来のツヤやハリ・コシを与え、美しい髪を再生できます。

フルビックナチュラル トリートメントの関連商品

フルビックナチュラル トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。