フリー&フリー ダメージエイド トリートメントの解析結果

総合順位

1203

総合得点 5点満点

1.88
  • 販売元ライオン株式会社
  • 英名Lion Corporation
  • 郵便番号〒1308644
  • 住所:東京都墨田区本所1-3-7
  • 電話番号0120556913
  • メール
  • web公式サイト
成分数エキス系特効ダメ
19000
  • フリー&フリー ダメージエイド トリートメントの詳細情報
  • ライオンの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 3223
  • [容量] 200ml
  • [参考価格] 439円
  • [1mlあたり] 約 2.2円

フリー&フリー ダメージエイド トリートメント解析チャート

フリー&フリー ダメージエイド トリートメントの解説

シンプルだが、ちょっと良い点も。

ちょっとしたコンディショナーであり、やや低刺激ですが、効果もあまり高くない。

強い効果も持続性もなく、値段なりといえばそれまで。

グリコール酸配合で、毛髪表面のミネラル分を飛ばせる点は、ちょっと良いのですが・・。

フリー&フリー ダメージエイド トリートメントの全成分

1

2ソルビトール

3ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

4ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

5ベヘントリモニウムクロリド

ベヘントリモニウムクロリドはしっとりタイプの4級カチオン(陽イオン)界面活性剤です。ダメージ部に吸着し、疎水性を復活させて物理的ダメージから髪を守ります。

6コメヌカ油

7ジグルコシル没食子酸

ブナ科コブに含まれる「没食子酸」から作られたポリフェノール誘導体で、ダメージヘアのキューティクルを擬似的に補修する効果が有ると言われています。

8アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

9香料

香りづけ。

10エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

11アミノプロピルジメチコン

ジメチコンの一部をアミノプロピル基で置換したもの。

12グリコール酸

シンプルなα-ヒドロキシ酸(AHA)で、皮膚に透過しやすく、古い角質のつながりを切って新しい皮膚細胞を露出させる=ピーリング作用が最も特徴です。強い刺激性があり、ピーリング効果を濫用すると皮膚が敏感肌になりやすいため、頻度や濃度を多く使うべきではない。グリコール酸自体は毒物・劇物に指定される強い薬剤です。

13アルギニン

14ステアリン酸PEG-150

15ヒドロキシエチルセルロース

16ジメチコンコポリオール

・持続性を特徴とするポリエーテル変性シリコーン。

17ラウレス-25

18メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

19安息香酸ナトリウム

販売元による宣伝文

補修成分DGA(天然ポリフェノール誘導体)のはたらきでダメージを補修し、なめらかな髪に仕上げるダメージ(枝毛・切れ毛)ケア用トリー トメントです。枯れた髪の内部繊維にDGAが深く浸透。ごわつきをおさえ、なめらかで艶やかな髪に仕上げます。

フリー&フリー ダメージエイド トリートメントの関連商品

フリー&フリー ダメージエイド トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。