for C トリートメントの解析結果

総合順位
1391
総合得点 5点満点
1.71
成分数エキス系特効ダメ
23000

for C トリートメントの詳細情報

[製造販売元] ナンバースリー

[商品ID] 3426
[容量]150ml
[参考価格]810円
[1mlあたり] 約5.4

素材 

0.6

安全性
3.8

コスパ 

1.8

環境 
2.4
補修力
2.6

ツヤ 

1.9

感触 
2

for C トリートメントの解説

期待値低し。

特に有効性とか、これだからカラーが長持ちするということはなく、

コスト高でオススメとはならない内容です。

for C トリートメントの全成分

1

2セテアリルアルコール

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4シクロメチコン

5アモジメチコン

末端がアミノ基で修飾されたシリコーン重合体。髪への吸着性が高く、しっとりした感触が持続的に付与されます。

6べヘントリモニウムクロリド

7エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

8ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

9ジステアリルジモニウムクロリド

ソフトで滑らかなタッチの4級カチオン界面活性剤。帯電防止効果が優れる。

10クレアチン

アミノ酸の一種で、皮膚細胞活性化剤を付与。

11カチオン化加水分解コムギタンパク-3

12リン脂質

13スフィンゴ糖脂質

14カタラーゼ

過酸化水素を水と酸素に分解する触媒となる酵素です。酸化物質の中でもとりわけ作用が強い過酸化水素にアクセスするので、高い抗酸化作用、老化・白髪防止効果などを期待されます。

15ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

16PCA

dl-ピロリドンカルボン酸です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

17PCA-Na

dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液です。天然保湿因子(NMF)と呼ばれる肌本来の成分の1つで、グリセリンなどよりも優れた保湿作用を付与します。また、血行促進作用もあるようです。

18アルギニン

19塩化Na

20メトキシケイヒ酸オクチル

紫外線吸収剤。UV製品ではメジャーな素材ですが、吸収量が多くなると次第に酸化刺激が肌を襲うため、万能では無いことに注意。使用感はやや粘り気を伴うが、べたつくほどではない。

21メチルパラベン

・防腐剤のパラベンが、いくつも種類の異なる形で配合されています。
実はこのように多種パラベン構成にしたほうがより少ない量で防腐効果を得ることができるのです。
結果的に、肌にマイルドといえる方法です。

22プロピルパラベン

23香料

香りづけ。

メーカーの紹介文

褪色とダメージから髪を守る 汚れを落とした髪を、さらに健康な状態へ。ただ手触りを良くするだけのトリートメントでは、カラーの色落ちは防げません。カラーでデリケートになった髪の内側にも働きかけ、カラー直後の色落ちしやすい髪から色素を閉じこめてしまうホームケアを。髪そのものを強くすることで、褪色を抑え、カラー後のダメージを防ぎます。髪を健康な状態に整えながら、カラーの色落ちを抑えます!

for C トリートメントの関連商品

for C トリートメントを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。