FinaLift(ファイナリフト) ファイナリフトの解析結果

FinaLift(ファイナリフト) ファイナリフトMOVEむくみ感・ハリ不足・肌のお悩み専門のオールインワンタイプの美容液。9つのエイジングケア成分を独自開発の比率で贅沢配合。大人の悩み肌に必要な補う・育む・保つを実現。さらに、大人のデリケートな肌のために、品質とやさしさを考えた6つの無添加処方で安心の使い心地。これ1つで化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地の6つのケアが完成します。すばやく簡単にスペシャルケアできます。ピンッと上向き肌へ導きます。

総合順位

75

総合得点 5点満点

2.72
成分数エキス系特効ダメ
31320
  • FinaLift(ファイナリフト) ファイナリフトの詳細情報
  • MOVEの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 5493
  • [容量] 50ml
  • [参考価格] 12980円
  • [1mlあたり] 約 259.6円
素材 
2.8
安全性
4.3
コスパ 
2.4
環境 
2.9
潤滑性
2.4
頭皮改善 
3.5
ツヤ 
2.1
持続性
2.6
感触 
2.8
アンチエイジング
3.5
美白
2.8

FinaLift(ファイナリフト) ファイナリフトの解説

ペプチドは期待できるが・・・

化粧品としての全体的な質をじっくり見てみると、意外に簡素で古い素材も使われており、

何か頼りない構造にも思えるような内容です。

それを補っている?のが各種ペプチド類によるアンチエイジング作用です。



成長因子やシワを改善するような効果を期待されて配合されていますが、



やはり何か美容液としてのクオリティが高いように思えない処方なのです。



なおかつ12000円を超える高額美容液ですから、



もうちょっとどうにかならなかったのかと疑念を持ってしまいます。





とはいえ、使わないよりはアンチエイジングな効果は期待できますし、肌に目立ったデメリットは存在せず、



ただただ惜しいな・・という印象の化粧品です。

FinaLift(ファイナリフト) ファイナリフトの全成分

1

2BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

3グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

4エチルヘキサン酸セチル

水鳥の羽毛脂に似たエステルオイル、特に油性感が少ないさらっとした使用感。

5ジメチコン

ジメチルポリシロキサンの末端をトリメチルシロキシ基で封鎖した重合体。シリコンといえば、ジメチコンが代表的な成分です。皮膚保護・コーティング剤、消泡剤として使われますが、網目状のコーティングのため水分透過性や通気性は有する。

6ペタイン

7トレハロース

8ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

9リンゴ果実培養細胞エキス

・リンゴ果実培養細胞エキスは肌の「幹細胞」の寿命を延ばし、また新しい細胞の生成を促進する効果が認証されているアンチエイジング成分。

10オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

111,2-ヘキサジオール

12プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

13加水分解コラーゲン

14水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

15レシチン

天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

16パルミトイルトリペプチド-5

リシンとバリンからなるトリペプチドとパルミチン酸の結合物。皮膚コラーゲンを補い、肌のコラーゲン、ヒアルロン酸生成能を高める役割を果たします。

17炭酸水素Na

・炭酸水素Naは、いわゆる重曹。弱アルカリ性であり、スクラブ剤として利用されるほか、pH調整剤としても用いられます。

18セルロースガム

19デキストラン

20オリゴペプチド-24

肌の保湿作用強化、ヒアルロン酸産生促進作用。

21オリゴペプチド-20

IGF。成長因子として用いられます。皮膚細胞の活性化により、肌の新陳代謝を活発に促す作用を期待されます。

22トリフルオロアセチルトリペプチド-2

プロジェリンと呼ばれる加齢や紫外線などによって蓄積された異常タンパク質を抑制し、深いシワや深刻なたるみに積極アプローチする最新型ペプチドです。

23白金

高い抗酸化作用を示す、特に酸化触媒として働く。

24カルボマー

カルボキシビニルポリマーのこと。水溶性増粘剤で、1%以下の配合で粘度をコントロールできる。耐塩性がやや低い。

25ポリソルベート60

26水酸化K

水酸化カリウムです。苛性カリとも呼ばれ、強いアルカリ性を示し、タンパク質に対し強い腐食性があるため劇物に指定されています。主に石けんを作る際の材料として使われるほか、界面活性剤に配合され強烈な油汚れやタバコのヤニ落としなどに用いられる。また、配管に詰まった毛髪を溶かす用途でも使われる。ただし、劇物に指定されているように非常に物性が強いため、専門的な業者によって使われることが多い。

27キタンサンガム

28アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

29トコフェノール

30フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

31メチルパラペン

販売元による宣伝文

むくみ感・ハリ不足・肌のお悩み専門のオールインワンタイプの美容液。9つのエイジングケア成分を独自開発の比率で贅沢配合。大人の悩み肌に必要な補う・育む・保つを実現。さらに、大人のデリケートな肌のために、品質とやさしさを考えた6つの無添加処方で安心の使い心地。これ1つで化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地の6つのケアが完成します。すばやく簡単にスペシャルケアできます。ピンッと上向き肌へ導きます。

FinaLift(ファイナリフト) ファイナリフトの関連商品

FinaLift(ファイナリフト) ファイナリフトを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。