ファファラ ワイルドローズ コンディショナーの解析結果

総合順位
562
総合得点 5点満点
2.19
成分数エキス系特効ダメ
19200

ファファラ ワイルドローズ コンディショナーの詳細情報

[製造販売元] ファファラ

[商品ID] 3378
[容量]200ml
[参考価格]3675円
[1mlあたり] 約18.38
素材 
2.7
安全性
4.7

コスパ 

1.1

環境 
4.5
補修力
2.3
ツヤ 
2.6
感触 
2.8

ファファラ ワイルドローズ コンディショナーの解説

かなり高額な部類に入る値付けですが、





悪く言えば、髪に最適化して機能性を高めているわけではないので、

選択的に髪のダメージを補修する、ような特徴は弱い。

高いだけある成分は使っていると言えますが、

目的は何なのか、天然っぽく作る?

それとも髪を修復すること?

このさじ加減をどうするかで製品の性格が決まるわけですが、

この系の製品は「天然であること」を主眼としているメーカーによくあるパターンです。

髪のダメージを治す!という目的がはっきりしていれば、違った選択肢が当然浮かんはずでしょう。

製品としては悪くないですが、

天然オイルを使うことに喜びを感じる方向けです。

ファファラ ワイルドローズ コンディショナーの全成分

1

2ダイズ油

3セテアリルアルコール

4オリーブ葉エキス

・オリーブ葉エキスはオレウロペインを含有したエキスで、皮膚の老化を防ぎ、肌荒れを改善する効果。

5(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル

6ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

7ココイルグルタミン酸2Na

アミノ酸型の洗浄剤の中でもとりわけエモリエントで、単体では泡立ちが非常に少ない。肌に非常にソフトで、高いコンディショニング作用があります。ベビーシャンプーやダメージヘア用シャンプーで頻出します。他の泡立ちを補助する界面活性剤との併用が必須。

8エタノール

殆どの場合、無水エタノールのこと。無水エタノールはエタノール99.5vol%以上含有のものをいう。

9グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

10マカデミアナッツ油

11ホホバ種子油

12オリーブ果実油

13PCAオレイン酸グリセリル

14ブロッコリ種子油

15水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

16ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

17香料(エッセンシャルオイル)

18トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

19パルミチン酸アスコルビル

パルミチン酸とビタミンC(アスコルビン酸)のエステルです。ビタミンCは水溶性ですが、この成分は脂溶性のビタミンC、つまり、皮脂になじんで肌に浸透して機能する抗酸化成分となっています。肌に浸透するとパルミチン酸とアスコルビン酸に分解され、ビタミンCとしての機能を肌内部で起動させることができます。

メーカーの紹介文

髪を柔らかくなめらかに櫛どおり良く整え、シルキーな輝きを与えるアロマリンスです。ファファラのすべてのシャンプーの仕上げにお使いください。

ファファラ ワイルドローズ コンディショナーの関連商品

ファファラ ワイルドローズ コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。