Family Kur Shampoo Ginkgo & Olive の解析結果

総合順位
1404
総合得点 5点満点
1.57
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
112201

Family Kur Shampoo Ginkgo & Olive の詳細情報

[製造販売元] Sante

[商品ID] 2286
[容量]200ml
[参考価格]0円
[1mlあたり] 約0
洗浄力
4.1

素材 

0.9

安全性
2.7
コスパ 
2.2
環境 
2.4

補修力

0.8

ツヤ 

0.8

感触 
2

育毛

1.1

洗浄剤
2.3

Family Kur Shampoo Ginkgo & Olive の解説

天然系の典型的なダメな例

ヨーロッパのシャンプーにしては添加剤にやや質のいい感触を得られる成分を揃えていますが、

洗浄剤は未だラウリル硫酸Na

ベースの洗浄剤は時代遅れというか、時が止まってしまったかのようにラウリル硫酸Naを使い続けていますね。

硬水で泡立ちにくいという事情もあるとはいえ、もっとも安上がりな手法で肌や髪にデメリットが大きいことに変わりありません。



保湿や抗炎症効果は良いものの、ファミリーで使いましょうというタイプでは全くありません。

強すぎる脱脂と、浸透することによる肌刺激性の高さは折り紙つきのダメシャンプー。



防腐剤など見ても、マイルド寄りに作ろうという意図が見え隠れするだけに勿体無い。

値段からしても(およそ500円)、相当に材料費は安く抑える必要があるのは明白です。

Family Kur Shampoo Ginkgo & Olive の全成分

1

2ラウリル硫酸Na

分子量が小さく、浸透性が強い強洗浄剤です。金属表面処理剤、ダメージ毛の状態を再現するのにも使われる、いわば食器洗剤のように油分を徹底して脱脂するための洗浄剤です。そのため、肌や髪に必要な保湿因子や皮脂バリアを文字通り根こそぎ奪ってしまいます。

3ラウリルグルコシド

4イヌリン

果糖の重合体フルクタンの一種で、水溶性食物繊維という特徴があります。菊芋の主成分。非常に多くの水分を抱えることができ、ゲル化にも用いられます。

5アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

6ベタイン

トリメチルグリシンのこと。旨味や甘味成分でもあります。

7イチョウ葉エキス

フラボノイドとギンコライドを主成分とし、血流促進効果を期待されます。

8オリーブ油

オレイン酸が主成分のオリーブ果実から得たオイルです。皮脂に近い油分で、エモリエントな感触を与えます。わずかに皮膚に浸透し、抗酸化作用も。

9アルギニン

10ソルビン酸K

・防腐剤のソルビン酸Kは食品でも使われるマイルドで効果の優れた素材です。
肌への優しさへの考慮を感じられる一面です。

11ココイルアルギニンエチルPCA

ココイルアルギニンエチルPCAはアミノ酸系カチオン界面活性剤で、安全性が高く抗菌効果を持ち、滑らかなコンディショニング効果を付与します。

メーカーの紹介文


Family Kur Shampoo Ginkgo & Olive の関連商品

Family Kur Shampoo Ginkgo & Olive を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。