エスプリーナ濃密炭酸シャンプーの解析結果

総合順位
1635
総合得点 5点満点
1.19
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
5231500

エスプリーナ濃密炭酸シャンプーの詳細情報

[製造販売元] 瑞原

[商品ID] 5673
[容量]500ml
[参考価格]4968円
[1mlあたり] 約9.94
洗浄力
3.7

素材 

-0.4

安全性
2.1

コスパ 

1.6

環境 
2.4

補修力

-0

ツヤ 

0.5

感触 

1.4

育毛

0

洗浄剤
3.3

エスプリーナ濃密炭酸シャンプーの解説

脱脂力と攻めの処方が不安あり。

その滑らかな使用感とは裏腹に、思いのほか積極的に脱脂する上、尿素などの配合が吉と出るか微妙なラインのシャンプー。




そう、単純に考えれば、よく洗うし、尿素などの効果で角質の剥離を早めるシャンプーであるとみられるので、

日常的に使うと肌にどう考えても良くない。

弱い肌を作ってしまうシャンプーと見られても仕方ない処方です。

難しいのが、そう感じさせないような非常にソフトな使用感であるのがポイント。

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルはクレンジングの基材としてもよく使われるため、脱脂力はかなりある一方潤滑性ももたらすのが特徴です。




他にも、サリチル酸、乳酸といった肌刺激を懸念される成分を含むので、

お世辞にも肌に優しいとは言いづらい内容です。

良い部分以上に、デメリットが気になるシャンプー。

エスプリーナ濃密炭酸シャンプーの全成分

1

2コカミドプロピルベタイン

両性界面活性剤。洗浄剤としての陰イオン界面活性剤な部分と、コンディショナーとしての陽イオン界面活性剤の部分を併せ持つ界面活性剤。主には主洗浄剤の粘度調整や洗浄力の緩和、コンディショニング作用の付与を目的に使われる。両性界面活性剤単体で使うと皮膚に刺激性があるため、メインでは用いられることは少ない。組成名ヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン水溶液という。

3ココイルアラニンNa

低刺激性シャンプーに幅広く使用されます。適度な洗浄力と脱脂力を有しており、しっとりした洗い上がり。ベビーシャンプー並の低刺激性とバランスの良い使用感・泡質が特徴。

4ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

お化粧のクレンジング剤として頻出。W洗顔不要タイプの製品に使われるように、水がある環境でもクレンジング効果を発揮し、高い洗浄力を与えます。脱脂するので、肌のアフターケアが必要となります。シャンプーに少量含まれる場合は加脂剤、つまりコンディショニング効果を目的として配合されたりします。

5塩化Na

6コカミドMEA

ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド。非イオン界面活性剤です。増粘、泡質安定、洗浄乳化補助作用を期待して配合されます。コカミドDEAやTEAに発がん性が懸念されたことから、安全性の面でこの成分が採用される傾向がある(ただしコカミドDEAもTEAも通常は全く害になりえない)。また、泡質安定性もこの素材が優秀。

7香料

香りづけ。

8PEG-60水添ヒマシ油

可溶化を目的に配合。低刺激。水系での透明処方に適す。

9グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

10ジステアリン酸PEG-150

親水性の増粘剤です。

11パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

12尿素

13乳酸

14カイコまゆエキス

15オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

16アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

17ツバキ種子油

・ツバキ種子油はカメリア種子油と呼ばれ、肌や髪にとてもなじみやすい保湿オイルとして使われます。

18ニオイヒバ葉エキス

19マグワ樹皮エキス

美白作用、抗酸化作用を付与。

20キク花エキス

21クコ果実エキス

22セキショウ根/茎エキス

23オナモミ果実エキス

24カンゾウ根エキス

マメ科の植物甘草の根から抽出したエキス。グリチルリチン酸を豊富に含み、細胞レベルでの抗炎症作用や美白作用を期待されます。

25メンタアルベンシスエキス

26コメヌカ発酵液

27ラベンダーエキス

28タイマツバナ葉エキス

29セイヨウハッカ葉エキス

・清涼作用のセイヨウハッカエキス配合。

30フリージアエキス

31カミツレ花エキス

アピゲニン含有、ヒスタミンの遊離抑制により抗炎症作用を示す。

32ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

33ダイズ種子エキス

イソフラボンによる抗酸化作用や女性ホルモン様作用による男性型脱毛の予防、保湿作用、美白作用などを付与。

34ブロッコリー芽エキス

35ダイコン種子エキス

36カブ葉エキス

37セイヨウアカマツ花芽エキス

38アブラナ芽エキス

39オオムギエキス

40キャベツ葉エキス

41サリチル酸

強い殺菌性、抗炎症効果を持つ合成有機化合物です。皮膚刺激性がやや高いため、肌の弱い方にはリスクが大きめの成分ですが、ニキビ対策製品などに頻出します。同様に、フケの殺菌用としても用いられることがあります。

42ポリクオタニウム-6

43乳酸Na

44EDTA-2Na

エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム。キレート効果による品質安定剤として。

45ヒドロキシプロピル酸化デンプンPGトリモニウムクロリド

46硝酸Mg

47塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン

・肌への密着性、皮膜性を高めるカチオン化デンプンを配合しています。良くも悪くも、肌への残存性が高まる、という効果を得ることができます。

48フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

491,2-ヘキサンジオール

50メチルクロロイソチアゾリノン

51塩化Mg

52メチルイソチアゾリノン

パラベンよりもソフトと言われる防腐剤。ただ、パラベンよりも配合量を大幅に増やさないと効果が出ないため、それほどソフトとも言いきれない。

メーカーの紹介文

美髪の第一歩は頭皮ケアから! TVショッピングで大人気の "毛髪も頭皮もエイジングケア"をコンセプトに開発された、炭酸シャンプーです。濃密炭酸(ハロゲイト炭酸水)とこだわりのダブルオイル処方(椿オイル・アルガンオイル)で、根元からハリ・コシのある髪に。6種のハーブエキスと17種の和漢植物エキスが髪の内部に浸透し、頭皮と髪にうるおいを与えてハリ・コシのある髪に導きます。また皮膚・ヘアコンディショニング成分として、ゴールデンシルク(カイコまゆエキス)を配合。髪にツヤを与え、切毛、枝毛を防ぎます。心地よい甘さがほんのりと香る、フレッシュフローラルの香りです。

エスプリーナ濃密炭酸シャンプーの関連商品

楽天でエスプリーナ濃密炭酸シャンプーを買う

エスプリーナ濃密炭酸シャンプーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。