ドクターシーラボ スーパークレンジングEXの解析結果

ドクターシーラボ スーパークレンジングEX株式会社ドクターシーラボ●濃密ホットクレンジング。
●クレンジングや洗顔は正しいスキンケアを行う為のファーストステップ。肌に不要なものはしっかり落とし、必要なものは補う洗顔がかなうようにパワーアップしてリニューアル!
●ハリ・うるおいのある肌へ洗い上げるメイク落とし。
●とろける濃密ゲルがメイクとなじんでオイルに変化。温感作用※で毛穴をしっかり開いて毛穴の奥からよごれを落とします。
※マッサージによる
●美容成分83%配合。美容液でクレンジングをするかのような贅沢処方でうるおいのあるお肌に洗い上げます。
●マンダリンオレンジ果皮エキス(整肌成分)新配合で洗うたびになめらかでキメの整った肌に。
●ウォータープルーフのマスカラも落とせます。濡れた手でも使えるので、毎日のバスタイムに簡単にメイクオフできます。

総合順位

2

総合得点 5点満点

5.72
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
5901130
洗浄力
2.9
素材
6.3
安全性
6.3
コスパ 
4.7
環境 
3.9
潤滑性
4
頭皮改善 
4.8
ツヤ 
3.2
持続性
3.3
感触 
6.1
アンチエイジング
5
美白
2.8
洗浄剤
4.8

ドクターシーラボ スーパークレンジングEXの解説


ドクターシーラボ スーパークレンジングEXの全成分

1グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

2エチルヘキサン酸セチル

水鳥の羽毛脂に似たエステルオイル、特に油性感が少ないさらっとした使用感。

3オクチルドデセス-20

4(ベヘン酸/エイコサン二酸)ポリグリセリル-10

5ジ(カプリル酸/カプリン酸)プロパンジオール

6ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10

7(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル

わずかにチクソトロピー性のあるゲル化成分を生成できる。 増粘ゲル化剤。

8ケンフェリアパルビフロラ根茎エキス

黒ショウガエキスのことです。黒ウコンとも呼ばれる素材ですが、滋養強壮、血行促進効果を付与します。

9アカヤジオウ根エキス

漢方薬の地黄(ジオウ)として知られているエキスです。ゴマノハグサ科の植物で、皮膚細胞賦活作用、血流促進、保湿効果などを付与します。

10オタネニンジン根エキス

活性成分ジンセノサイドを含有するオタネニンジンの根から採れたエキス。代謝・血行促進作用を有する。

11マンダリンオレンジ果皮エキス

肌の透明感をアップさせるエキスとして知られています。角質の肌理を整え、くすみを予防。

12グリコール酸

シンプルなα-ヒドロキシ酸(AHA)で、皮膚に透過しやすく、古い角質のつながりを切って新しい皮膚細胞を露出させる=ピーリング作用が最も特徴です。強い刺激性があり、ピーリング効果を濫用すると皮膚が敏感肌になりやすいため、頻度や濃度を多く使うべきではない。グリコール酸自体は毒物・劇物に指定される強い薬剤です。

13乳酸

14リンゴ酸

リンゴ酸は、天然ではリンゴなどの果実に多く含まれている有機酸のことです。ブドウ酸を還元する方法でも合成することができます。高配合で肌に刺激となることも。髪の表面を潤滑させたり、pHを整える効能も。

15メドウフォーム油

炭素数20以上の不飽和脂肪酸を多く含むトリグリセライド。コシのあるタッチと、さっぱりした使用感が特徴。イコセン酸が最も多い。

16アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

17ホホバ種子油

イコセン酸が7割以上を占める独特な組成のオイルで、油性感の少ない軽い感触のオイルです。人の皮脂に近い特徴があり、液状のため非常に使用感がなめらかなオイルです。

18エブリコエキス

19エナンチアクロランタ樹皮エキス

エバーマットとも呼ばれるエキスです。毛穴を縮める効果があり、また、皮脂を抑制する作用、鎮静作用があると言われてます。

20アーチチョーク葉エキス

有効成分シナロピクリンには、肌荒れを防いだり、肌と毛穴を引き締め、毛穴の黒ずみを目立たなくし、乱れた毛穴にハリと弾力を与えます。遺伝子レベルで効果を発揮。毛穴トラブルの原因となるNF-kBの過剰な働きを抑制してくれます。

21ノイバラ果実エキス

営実の実から得たエキスです。紫外線による肌の炎症・ニキビなどを抑制する効果があります。

22ヒラマメ種子エキス

23(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン

24水溶性コラーゲン

コラーゲンの形をそのままに水に溶解させたのがこの水溶性コラーゲンです。魚の骨や皮、うろこを原料として、匂いが少なく吸収性が高いのが特徴です。

25加水分解コラーゲン

26ヒアルロン酸Na

・ヒアルロン酸ミックスを配合。しっとりとしたタッチを演出しています。

27ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

28ヒアルロン酸クロスポリマーNa

29セラミドNG

30セラミドNP

元々セラミド3と呼ばれていた成分。ダメージヘアの修復、保護作用。毛髪の強度、櫛通りを改善し、キューティクルを引き締め、水溶性ペプチドの減少を防ぐ。UVによる毛髪変質を抑える。

31セラミドAP

元々セラミド6Ⅱと呼ばれていた成分で、強い結合の膜を作ることで皮膚バリア強化。また、α-ヒドロキシ酸を含むことから角質代謝作用も。

32ポリクオタニウム-51

2-メタクロイルオキシエチルホスホリルコリンとメタクリル酸ブチルとの重合体で、通称リピジュアです。生体適合性成分であり、高い安全性とヒアルロン酸を圧倒的に上回る保湿効果が特徴です。

33ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

疑似セラミドです。セラミドを模倣した素材で、保湿効果を付与。

34セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

35グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

36アラニン

37パルミチン酸レチノール

・パルミチン酸レチノールはビタミンA誘導体で、抗シワ、抗老化、たるみ、シミ、乾燥を防ぐ効果を付与。ただし、摂り過ぎは副作用の懸念あり。

38ピリドキシンHCl

39リン酸アスコルビルMg

経皮吸収性を高めたビタミンC誘導体ですが、効果としては穏やかな部類です。

40トコフェロール

ビタミンEのこと。脂溶性ビタミンで、植物の光合成により生成される。過酸化脂質の生成を防ぐ抗酸化作用の他、皮膚の角化を促進する働きも。

41ビオチン

ビタミンB7とも呼ばれる水溶性ビタミン。かつてはビタミンHと呼ばれていたが、欠乏することはほとんどないため現在はビタミンとは呼ばれず、ビオチンと呼ばれるようになった。皮膚形成を促進する働きの他、核酸の合成を促し、細胞の生成に関わる補酵素としての役割も。不足すると脱毛・白髪、免疫力低下といった症状が懸念されるが、あまり体内で不足することはない。

42グルコシルヘスペリジン

オレンジやレモンなどの柑橘系に含まれるフラボノイドです。毛細血管を強化する働きがあり、また抗酸化作用にも優れる他、抗アレルギー作用もあります。ヘスペリジンが水にほとんど溶けない成分のため、メチル基をつけて水溶性を高めています。

43グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

44ヨクイニンエキス

45アロエベラ葉エキス

ユリ科アロエベラの葉エキスです。創傷治癒、美白、抗炎症作用などを付与。

46ジグリセリン

グリセリンのベタつきを抑えた成分で、保湿剤です。

47BG

1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。

48

49ペンチレングリコール

1,2-ペンタンジオールとも呼ばれます。グリセリンとも近い多価アルコールというカテゴリの成分で、BGよりも低濃度で必要な殺菌性を得ることができるため、比較的安全性を売りにする製品に採用される傾向があるようです。また、さらっとしたベタつきのない使用感も特徴。

50マルトース

51オレアノール酸

52ダイズステロール

53コーン油

リノール酸、オレイン酸の含有が多いトリグリセライドで、エモリエントでリッチな感触を与える効果。

54ミリスチン酸オクチルドデシル

油性感が少なく、さらとしたエステルオイルです。加水分解・酸化に耐性が高い。

55水添レシチン

大豆リン脂質もしくは卵黄リン脂質に水素を添加した形。天然の界面活性剤であり、水素を添加してレシチンにありがちな臭いの問題をクリアにしています。経皮吸収促進作用や乳化分散作用を目的に配合。

56オクチルドデセス-25

57マルトシルシクロデキストリン

58シクロデキストリン

59フェノキシエタノール

防腐剤。パラベンと代替としてマイルド系防腐剤として用いられることが多いが、実際のところ肌刺激性では双方に有意な差はない。防腐能力についてはパラベンより低く、他の防腐剤と組み合わせて使うことで必要な能力を引き出すタイプ。パラベンがないからといって、フェノキシエタノールならソフトである、という解釈はあまり良い判断ではないが、防腐能力がソフトという点ではやや優しい。

販売元による宣伝文

●濃密ホットクレンジング。
●クレンジングや洗顔は正しいスキンケアを行う為のファーストステップ。肌に不要なものはしっかり落とし、必要なものは補う洗顔がかなうようにパワーアップしてリニューアル!
●ハリ・うるおいのある肌へ洗い上げるメイク落とし。
●とろける濃密ゲルがメイクとなじんでオイルに変化。温感作用※で毛穴をしっかり開いて毛穴の奥からよごれを落とします。
※マッサージによる
●美容成分83%配合。美容液でクレンジングをするかのような贅沢処方でうるおいのあるお肌に洗い上げます。
●マンダリンオレンジ果皮エキス(整肌成分)新配合で洗うたびになめらかでキメの整った肌に。
●ウォータープルーフのマスカラも落とせます。濡れた手でも使えるので、毎日のバスタイムに簡単にメイクオフできます。

ドクターシーラボ スーパークレンジングEXを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。