ディバインナノシャンプーV

総合順位

501

総合得点 5点満点

2.83
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
72300
  • ディバインナノシャンプーV の詳細情報
  • ディバインの関連商品
  • [JANコード]
  • [商品ID] 2176
  • [容量] 500ml
  • [参考価格] 3024円
  • [1mlあたり] 約 6.05円
ディバインナノシャンプーV 解析チャート

ディバインナノシャンプーV の解説

シンプルを超えるシンプル

シンプルなら良いということではない

どの成分にも言えることですが、メリットと弱点と言える部分を持ち合わせているものです。なので、互いを補い合うような成分を補助的に加える、というのは設計上どうしても欠かせない作業だったりするんですね。

このシャンプー、ディバインナノシャンプーVはそういう作業をすっ飛ばしてシンプルにしちゃった感じの内容です。

洗浄剤

スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na単品という思い切った洗浄剤設計。決して悪い成分ではなく、環境分解性も良く、刺激性もそこそこ低く、洗浄力はさっぱり高め、というタイプですが、やっぱり単独では何かと頼りない。ほとんど、この成分だけ、という処方は見たことがありません。それだけ弱点も少なくない成分ではあるんですが。

植物エキス

驚くべきことに、洗浄剤のほかには ほぼ植物エキス3つのみ。創傷治癒効果、抗菌作用などを付与する成分ではあります。ただ、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naとそれだけっていうのは驚異的に単純化された中身です。

おすすめ度は?

やはり、洗浄剤の部分が一番アレですね。スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na自体、ヤバイというわけではないにせよ、通常他の洗浄剤とミックスして弱点をカバーしてもらってなんぼ、という側面が否めないので、洗浄体験自体は大変微妙になるのでは。

植物エキスにしても、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Naで洗って流すだけですからね。その間に仕事にしろという方が酷なように感じます。良くも悪くも、本当に洗って流されるだけという形になりますからね。

複雑すぎるのもダメだが、単純化しすぎるのはもっとよくない。石鹸が純石鹸であるほど役に立たなくなるように、やはり界面活性剤も組み合わせの妙という面がありますから単純化もほどほどに。

抗菌・創傷治癒、消臭、抗炎症、抗育毛作用などを付与。
ドクダミエキス
甘草エキス
1,3-ブチレングリコールのことです。抗菌・溶剤、減粘剤、香料としても使われます。石油から精製される他、サトウキビから精製されるBGもあります。皮膚に潤いを持たせる他、製品安定剤として使われることも。
BG
構造としてはラウレス硫酸ナトリウムに近い特徴を持ちます。高洗浄性と泡立ちの良さが特徴で、やや肌刺激性が低く、環境にも分解し易いタイプです。
スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na

あまりにもシンプルすぎる



デメリットが多くなる単純化の例。

販売元による宣伝文

清らかな自然の中で育まれた草根木皮といった天然成分を組み合わせた商品です
ディバインナノシャンプーV  の解析結果 | シャンプー解析ドットコム株式会社アナリスタはシャンプー解析ドットコム・カイセキストアを運営。シャンプー・トリートメント・コスメなどのランキングを公開中。

株式会社アナリスタ

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。