ダームオーガニック マスク コンディショナーの解析結果

総合順位

676

総合得点 5点満点

2.12
成分数エキス系特効ダメ
15200
素材 
2.4
安全性
4.6
コスパ 
1.7
環境 
3.1
補修力
2.3
潤滑性
2.4
頭皮改善 
2.4
ツヤ 
2.2
持続性
2.2
感触 
3.3

ダームオーガニック マスク コンディショナーの解説

マイルドだが、効果も薄い。

ベヘナミドプロピルジメチルアミンは3級カチオン界面活性剤で低刺激ですがコンディショニング効果は高くない成分。

ブドウ種子エキスは、水溶性抗酸化物質プロシアジニンを豊富に含有。

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリルはベタつかない使用感で皮膚を滑らかににし、保湿作用のある油剤。

全体としては、

単純な構成でアルガンオイルをはじめとしたしっとり感が少し髪に残る仕上がり。

ライトなタッチで、さほど効能は秀でたものではありませんが、

一定の滑らかさは得ることができるでしょう。

肌に優しく保湿性を持たせたい時に。

ダームオーガニック マスク コンディショナーの全成分

1

2ベヘナミドプロピルジメチルアミン

3級カチオン界面活性剤で、肌刺激がマイルドなかわりにコンディショニング効果は低い。ややしっとり感のある感触。

3ブドウ種子エキス

4トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

酸化に対して安定な多価アルコール脂肪酸エステルで、べたつかない軽い感触を与える。

5コメアミノ酸

6セテアリルアルコール

7ステアリルアルコール

オクタデシルアルコール。ロウに似た油性成分である。

8メチルグルセス-20

・メチルグルセス-20は潤い感のある皮膜を形成。ナチュラルな使用感と保湿性が特徴のメチルグルコシド誘導体です。

9パンテノール

プロビタミンB5。体内でパントテン酸に変わるという意味でプロビタミンB5と呼ばれていて、育毛剤などでもおなじみの髪や皮膚の生成を促進する成分です。新陳代謝を活発する目的で配合されます。

10アルガニアスピノサ核油

アルガンオイルです。モロッコ原産で、アルガンの木1本から1リットルしか採れないオイル。オレイン酸・リノール酸リッチで、ビタミンAやセサミンなども含みます。抗酸化作用やしっとりリッチな感触を付与。

11ヒマワリ種子エキス

・ヒマワリ種子エキスはヒマワリ種子より抽出したセラミド、糖質、リン脂質の働きで肌の保湿機能改善、キューティクル接着強化といった働き。

12酢酸トコフェロール

ビタミンE誘導体。化粧品中の油分が酸化するのを防止したり、肌に対しては抗酸化作用・血行促進作用を付与することが期待される油溶性ビタミン。

13ヤシ油脂肪酸グリセレス-2

14安息香酸

15香料

香りづけ。

販売元による宣伝文

●アルガンオイルの力で、しっとりツヤツヤの髪に仕上げる弱酸性コンディショナーです。●ハイダメージ用

ダームオーガニック マスク コンディショナーの関連商品

ダームオーガニック マスク コンディショナーを実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。