DELMARE(デル・マーレ) スカルプ マッサージクレイ の解析結果

総合順位
1664
総合得点 5点満点
1.12
成分数洗浄剤数エキス系特効ダメ
561611

DELMARE(デル・マーレ) スカルプ マッサージクレイ の詳細情報

[製造販売元] リンクス

[商品ID] 2134
[容量]200ml
[参考価格]2160円
[1mlあたり] 約10.8

洗浄力

0.4

素材 

-0.4

安全性

1.9

コスパ 

1.5

環境 
2.1

補修力

0.5

ツヤ 

1.2

感触 

0.9

育毛

-0.2

洗浄剤
2.3

DELMARE(デル・マーレ) スカルプ マッサージクレイ の解説

品質が低く、肌に悪い。



オールインワンヘッドスパ、という触れ込みで扱われている一品です。

内容としては、油剤のマカデミアナッツ油を軸に、粘土質のベントナイト、さらにカチオン界面活性剤にヒアロベール、カキタンニンなど、

バラエティに富んだ処方となっています。

注目ポイント

ただし、ヘッドスパというのなら、ベントナイトやステアルトリモニウムブロミドは好ましくない配合といえます。

注意点

ベントナイトはアスベストに似た構造の針状シリカを含む問題がありますし、カチオン界面活性剤は頭皮には毒といってもいいほど相性が悪い成分です。

総評

髪にしろ、頭皮にしろ、有益性など全くないダメクレイであり、試す価値もないと紹介します。

DELMARE(デル・マーレ) スカルプ マッサージクレイ の全成分

1

2グリセリン

肌の表面を保湿する素材で、安全性が高く、しっとり感の強い感触が特徴です。石鹸の副産物としても発生します。

3PG

プロピレングリコールのことです。湿潤・制菌作用があり、品質安定剤として使われます。石油由来の無色無臭成分で、香料・精油・樹脂などを溶解するためにも使われます。少量では人体に毒性なし。

4マカデミアナッツ油

5セテアリルアルコール

6ステアリン酸PEG-150

7カラギーナン

8ベントナイト

9ステアリン酸グリセリル(SE)

自己乳化型の乳化剤です。自己乳化の部分を石鹸が担っているため、表面上石鹸の表記がなくても石鹸のデメリットを被る形となります。頭皮や髪にはデメリットがあるといえる乳化剤です。

10ステアリン酸グリセリル

11ステアルトリモニウムブロミド

4級カチオン界面活性剤ですが、このタイプは少しだけ肌刺激が抑えめ。 髪のダメージ部に選択的に吸着して疎水性を改善します。

12ラノリン

洗い流さない製品では特にアレルギー・接触性皮膚炎を懸念される成分。保湿性が特徴。

13加水分解ヒアルロン酸

14アセチルヒアルロン酸Na

スーパーヒアルロン酸と呼ばれる素材です。親水性のヒアルロン酸にアセチル基を導入することで疎水性も与え、肌の角質の保湿効果を通常のヒアルロン酸よりも約2倍に高めます。また、分子量を小さく維持するので、肌への馴染みがよりよくなります。

15ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

・ヒアルロン酸の280倍の吸着力を持つヒアロベール配合。
持続的な保湿感を付与しています。

16グリチルリチン酸2K

細胞レベルで抗炎症作用を示す甘草由来の抗炎症成分。

17加水分解エラスチン

肌の真皮層に分布するコラーゲン同士を結びつける繊維状タンパク質です。ゴム状に伸縮する特徴があり、肌の弾力・柔軟性を維持するために欠かせないタンパク質です。

18プラセンタエキス

美白作用や抗シワ作用があるとされますが、肌に塗るという使用法ではやや効果が疑問視されます。様々な効能や栄養素が含まれる、と言われますが、裏を返せばどの効果も薄いということもあり、プラセンタ配合のおかげで実際にメリットがあったという有効な研究結果も乏しいものです。

19ローズマリー葉エキス

抗菌・抗酸化作用・芳香を特徴とするローズマリー。ローズマリーは天然の保存料として用いられ、エイジングケアとしてもすぐれた効果。その他ローズマリーはリウマチやアレルギーにも効果が認められ民間薬として使用されています。

20シア脂

シアの木の実から採れる植物油脂。体温付近で溶け、なめらかな感触、自然なエモリエント感を示す。また、わずかながら創傷治癒作用をもつアラントインや、整肌作用を持つカロチノイド、トコフェロールなどを含む。

21エーデルワイスエキス

皮膚バリアを強化し、外的ダメージからの耐性を高めます。抗酸化, ラジカル除去, ヒアルロニダーゼ阻害,脂質過酸化の阻害, インターロイキン-5阻害, 抗炎症作用を付与。

22セラミド1

・水中でラメラ層を形成する安定型セラミドセットを配合。肌の肌理を整える効果を期待。髪の保護も。

23セラミド3

24セラミド6II

25フィトスフィンゴシン

本来の皮膚正常細菌叢を阻害する微生物を減らす ・赤く炎症を起こした頭皮の鎮静化、修復

26カキタンニン

・カキタンニンは柿渋に1%-2%程度含まれる成分で、高い収れん作用と加齢臭を分解して消す効果を付与。

27ゴマ油

28アロエベラ液汁末

創傷治癒、保湿作用を目的に配合されます。

29ニゲラサチバ種子油

キンポウゲ科ブラッククミンの種子から抽出したオイルです。リノール酸リッチな組成で、保湿・抗炎症作用・抗菌作用を示す。

30ヒマワリ種子油

リノール酸が7割ほどを占めるオイルで、保湿性と抗酸化作用を持つ若返りのオイルともいわれている成分です。

31海シルト

32サンゴ末

豊富なミネラルを含む多孔性のサンゴの粉末です。吸着作用、清浄作用を付与。

33メントール

アルコールの一種で、 2-イソプロピル-5-メチルシクロヘキサノール とも呼ばれる。ハッカに含まれ、清涼感、血行促進作用を付与します。

34ハッカ油

薄荷草から得たエキスで、メントールを含むため清涼感を付与します。また、抗菌作用、消臭作用、制汗作用、血行促進作用、虫除け効果などを与えます。

35カラメル

36イソプロパノール

エタノール同様アルコールの一種ですが、エタノールの2倍ほどヒト毒性が高い素材です。

37加水分解コラーゲン

38タウリン

39リシンHCI

リシンの塩酸塩。天然のリジンと同じ構造で、必須アミノ酸。皮膚に柔軟性を与えます。

40グルタミン酸

41グリシン

アミノ酸の一種で、コラーゲンの3分の1程度を構成する素材として知られる。

42ロイシン

43ヒスチジンHCI

44セリン

・アミノ酸素材が添加され、肌に親和性の高いしっとり効果を付加。影響力は大きくはないが、安全性は高い。

45バリン

46アスパラギン酸Na

47トレオニン

48アラニン

49イソロイシン

50アラントイン

別名で5-ウレイドヒダントイン、グリオキシジウレイドとも呼ばれる、抗炎症・抗刺激作用を有する成分。アルカリ性中では分解してしまうため、弱酸性下でしか使えません。牛の羊膜から発見された代謝中間体成分ですが、うじ虫の体液にも多く含まれ、壊死した細胞を取り除き、新しい細胞の生成を促進する作用などがある。

51フェニルアラニン

52アルギニン

53プロリン

54チロシン

55イノシン酸2Na

56グアニル酸2Na

きのこ類の旨味成分として知られるグアニル酸。化粧品では保湿作用を付与します。

メーカーの紹介文

本で3役のオールインワンヘッドスパです。沖縄の海泥クチャと珊瑚が頭皮の汚れを吸着・除去し、メントール・ハッカ油配合で爽快感アップ。ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどが頭皮をケアし、16種類のアミノ酸がダメージヘアを補修します。健やかな頭皮と髪をハリ・コシをアップさせ、ふんわり・やわらかな髪へ。

DELMARE(デル・マーレ) スカルプ マッサージクレイ の関連商品

DELMARE(デル・マーレ) スカルプ マッサージクレイ を実際に試してみた。

株式会社解析ドットコム

シャンプー解析ドットコムカイセキストアなどを運営。